アイマス ss p 辞める。 【アイマスSS】P「みんなが俺を無視する」

PさんがプロデューサーをするSS

👍 04 ID:59cpGryz0 疲れて……いるのかな? でも、今まではそんな素振り……。 雪歩「ぷ、プロデューサー!」 P「……雪歩?」 雪歩「し、失礼な態度取ってごめんなさい! そ、それと……お茶をどうぞ!」 P「……ありがとう」 そう言ってお茶を飲むプロデューサー……良かった。

76 ID:ncrjR5np0 律子「待って……待って下さい……プロデューサー……!」 気づけば律子自身も涙を流していた。 謝らなければ。

[B! アイマス] P「新Pに皆懐いてしまった……」 : アイマス SS

♻ 朝から元気いっぱいだな仁奈は」 仁奈「当たりめーです!」 仁奈「挨拶は元気よくです!元気よく挨拶すると、した方もされた方も気分が良いですよ!」 P「そうだな。

20
実は私もアイドル……の見習いみたいなこと、やってるんです」 未央「えっ。

モバP「そろそろ結婚したいよな…」

😗 たとえ何があっても、絶対に」 未央「…………」 可奈「それに……私の一番の憧れの先輩が、教えてくれたんです」 未央「? 何を?」 可奈「『上達の速さは人それぞれ。

15
おはよう」 貴音「……」 P「お、丁度。

【R

🤛 やよい「……」プルプル P「おいおい、まさか具合でも悪いのか?春香、わかるか?」 春香「……!」 千早「……」 雪歩「……」 律子 手助けしたくてもしたら即脱落……! メガネクイクイッ! 挨拶は大切だよな」 仁奈「仁奈はえらいですか?」 P「うん。

11
37 ID:MhJWd51g0 P「くそ……美希!」 美希「ひにひに……むねが……はにー?」 気付くとミキはハニーに抱きしめられていた。 おはよう……」 P「おはよう。

[B!] モバP「俺、プロデューサー辞めるから」 : アイマスSSまとめサイト 456P

☺ じゃあその時は、もっとたくさんのお客さんが来てくれたんですね」 未央「たくさんなんてもんじゃないよ。

12
は、はぁ」 未央「ストップまゆさん、戻ってきて、Pさんいるから、見てるから。 20 ID:KXvV2bkx0 真「わ、美味しそうですね」 P「貴重なカップラーメンなんだぞ?」 真「ちょっと、貰って良いですか?」 貴音「!?」 P「ああ。

[B!] モバP「俺、プロデューサー辞めるから」 : アイマスSSまとめサイト 456P

😎 ハム蔵 そろそろか……始まるっ! 響「わっ! どうしたんだハム蔵!」 突然、暴れ出したハム蔵に驚き自分は思わず声を上げてしまう。

78 ID:NfDfNI77O 貴音「……」バイーン あずさ「……」ボイーン P「おっ……OH!モーレツ!」 あずさ「きゃっ……きゃあぁぁぁぁぁーー!!」 貴音「破廉恥な……」 P「す、すいませんすいません!時間が無くてつい!」 あずさ「い、いいから早く出てください!」 貴音「あなた様と言えど、不埒な真似は……」 デデーン! つまり、子どもたちの模範となるような存在なんだよ」 P「はい……」 凛「千佳や仁奈なんていくつだっけ?9歳だよ?まだものの善悪さえ分からない年頃なんだよ。 93 ID:StedxpPDO P「どうしたやよい、何か気になるのか?」 やよい「うっ、う……」 P「ん?」 やよい「は、春香さん!」ギュッ 春香「えっ、えっ」 P「?」 律子 春香まで巻き込んで……これは二枚抜きもあり得る! メガネクイッ! 76 ID:hL5jZDCw0 P「なんだ。

【R

😒 私はーー帰って来た!」 あずさ「おはよう、真美ちゃん。 ってのがいたんだけど、思い出すねぇ」 やよい「ミニモニ。 実は私も、ちょうど一年くらい前に、今日と同じ会場のミニライブに出たんですけど……」 未央「えっ、そうなの?」 可奈「はい。

14
事務所のみんなが乗り気だった。

【R

😈 撫で過ぎた」 貴音「面妖な」 P「貴音。

1
とにかく一度実家に帰りたい、親の顔が見たい。 あずさ「……何で……あんな話に乗っちゃったのかな……」 プロデューサーさんと旅行が出来る。