シ ファク ティヌス。 イクチオデクテス

シファクティヌス

♥ 飼育はアメザリ同様なのでとても丈夫です。 83m 6 ft の Gillicus arcuatus がほぼ原形をとどめたままで発見されたというものである。

6
大型のサメであっても、健康なシファクティヌスの成魚を捕食することは難しいと考えられるため。

川崎悟司イラスト集・クシファクティヌス

☮ 生物的特徴 [ ] 分類 [ ] 系統分類 [ ] ()のであり、イクチオデクテス亜科 に分類される。

体内の魚 [ ] シファクティヌスは保存状態が極めて良好な複数の化石が出土している。

現生のクシファクティヌス!

👏 5- 5m、最大6m。 本種は白亜紀末期のからは発見されず、イクチオデクテス科の全てもまた、を境()として完全に姿を消した。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• ()-• 夥しい数の鋭利な歯と不規則な歯列を持つとは異なり、イクチオデクテスの口には比較的大きめの鋭い歯が規則正しく並んでいる。

19
白身だったのか赤身だったのかはわかっていませんが、ヒレや尾の形からマグロのように高速で泳ぐことができたのではないか、と考えられています。 少し前に謎のパイクで入荷したのはアタバポだったんですね。

イクチオデクテス

😭 しかし全長は最大で6メートルに達し、しゃくれた下顎には鋭い牙があり、その恐ろしい風貌から「フィッシュ」の異名で呼ばれることもある。

1
丸顔のタイプはあまり人気がありませんが、繁殖も容易で面白い種だと思います。

川崎悟司イラスト集・クシファクティヌス

😜 しかし本性は40cmほどになるセルフィンに近い仲間です。

7
顔付きを見るとワイルドっぽい感じもしますが、正体不明。 表記内容は左から順に、、形、特記事項。

シファクティヌス、白亜紀のお魚さんは怖い顔

⚠ Xiphactinus audax , クシファクティヌス(シファクティヌスとも読む)・アウダクス(アウダックス、オーダックスとも) :。

さらに文字を囲んで2重に出来たり進歩しているのが見てとれます。

シファクティヌス、白亜紀のお魚さんは怖い顔

😔 (異名)にのが発見した Portheus molossus , がある。 従ってのシファクティヌスはほとんど捕食されなかったと考えられる。 メスも背中まで赤が入っております。

11
形態・生態 [ ] は約4. しかし、広義ではシファクティヌスと同じくに含まれる。 現在に生きていたら、アクアリストの憧れの怪魚になりそうです。

シファクティヌス

🤫 また、流線形の体と幅広の尾の相乗効果により、遊泳速度は最高60kmに達し、水面から飛び跳ねることも可能であったと考えられている。

11
Xiphactinus vetus クシファクティヌス(シファクティヌスとも)・ウェトゥス(ヴェトゥスなどとも) 分布 [ ] と呼ばれる当時浅海であった、の、、のから多数のが発見されており、また、とからも発見されている。

現生のクシファクティヌス!

☎ 見た目も大きさも無敵な感じですが、シファクティヌスと同じ時代の海にはもっと恐ろしい動物がいたりする。 なかには、シファクティヌスの半分ほどの目方がありそうな大きな魚(本種の個体の体長5mに対して獲物の魚が体長2m強、など)が胃の内容物として納まったまま、ともに化石となって出土した例も少なくない。

丸みのある顔付きをしている種で真っ赤なのは本種くらいでしょうか。