西村 京太郎 トラベル ミステリー。 西村京太郎トラベルミステリー52

西村京太郎トラベルミステリー46

✊ 佐々木貢 -• 石黒澄子(石黒の妻・ひろ子の幼馴染) -• 木元加代子(長田の愛人) -• 713円 税込• 森崎達人(ゆきの婚約者) -• 及川俊郎(やよいの父) -• 実際に食事は良かったが、規律も訓練も厳しかったという。 檜垣善貴(城都大学 教授・冴子の兄) -• エンタテインメント小説大賞(第6回 - 第10回) 著作 [ ] 上記以外のシリーズ作品や、その他の連続・単発ドラマについて詳しくは参照 映画 [ ]• 主演は。

17
三宅清美(夕子の娘) -• 堀田栄(私立探偵) -• 裁判長 -• (北海道警捜査一課 警部) - 中丸新将• 趣向も中身もまるで違うそれぞれの事件は、作中で明かされるとあるキーワードによって繋がり、ついには1つの壮大な陰謀劇に集約します。 森本早苗(ホステス) -• 前田千加(コンパニオン・未婚の母) -• 沢田操(会社員) -• 木下知恵(タレント) -• 浦部刑事 -• 三宅晴夫(藍染め土産店経営者・仙蔵の連れ子・文子と夕子の腹違いの兄) - 第53作「山形新幹線 つばさ111号の殺人!」(2010年)• 初期の頃は社会派ミステリーを中心に『D機関情報』や『名探偵シリーズ』といったスパイ小説や探偵小説、パロディー小説など多岐にわたる分野で作品を発表。

テレ朝POST » 前人未踏のシリーズ第67作目!土曜ワイド劇場で『西村京太郎トラベルミステリー67』

😒 真田久仁子(デパートガール・銀河の乗客) -• ゆきは薄暗い部屋に忍び込み、古木の背中に一気にナイフを振り下ろしたと証言しており、すでに古木が死んでいたことには気づかなかったようなのだ。

18
青木(通商省貿易局長) -• キャスト• 市川三郎 -• クラブ・ママ -• 殺して姉の仇を討つつもりです」と殺人を予告するようなメールを中村に送ってきたという。 女性が事件に関係しているのではないかとにらんだ十津川は、女性の行き先が自分と同じ岩室温泉であることを聞き出すとこれに同行。

越後・会津殺人ルート

♥ 安藤啓介(タクシードライバー) -• 演 - (第4作 - 第7作・第11作 - ) 警視庁捜査一課・十津川班所属。 この旅行誌「旅窓」の記者である青木亜木子も、十津川警部同様に西村京太郎さんの作品の中では人気のキャラクターです。 十津川の右腕的存在。

12
- 『十津川警部シリーズ』で 第4回吉川英治文庫賞受賞。

西村京太郎トラベルミステリー46

❤️ 西脇リョウ -• 三浦由美子の自宅の管理人 - 第11作「阿蘇殺人ルート」(1987年)• 柏木紀夫(参議院議員) -• 鳥羽信介(鳥羽総合病院 院長) - 第17作「山陽・東海道殺人ルート」(1990年)• たまたま現場に居合わせた雑誌記者、青木亜木子は、「あの献身的な人妻に、夫を殺せるはずがない」と直感、犯人捜しをはじめる。 。 広瀬江美(ビューティサロン田口のインターン) -• 捜査の為なら全国津々浦々、果てには海外にも足を延ばし、その旅情漂う作風はもちろん、ローカル線から新幹線、シベリア鉄道、仏TGVなどが紙面に登場し旅行好きや鉄道好きからも好評を得ています。

10
代表作は『名探偵なんか怖くない』。 ディスコの若者(かおるの友人) -• 最初の犠牲者。

西村京太郎のおすすめ小説6選!トラベルミステリーから、社会派推理小説まで

🙄 ニュースキャスター -• 八森漁港 漁師 -• 初期の段階ではあまり自ら動かず、捜査一課のオフィスや捜査本部にどっしりと構え、亀井やの報告を待っていることが多い。

その後、次々に仲間が殺されていった。 長山ひろ子(長山の妻) -• 石原恭子 -• また、これを機にへ転居している。

土曜ワイド劇場『西村京太郎トラベルミステリー66 釧路・帯広殺人ルート』7月2日(土)放送

👍 アナウンサー - 安河内理恵• 小林幸男(クラブ「マリリン」バーテン) -• 愛川欽也演じる亀井刑事とは、ちょうど原作と立場が逆になっている。 なお、演じた高田純次は2008年版「山陽・東海道殺人ルート」で元警部・山内として登場している。 山田祐一郎(東亜電機企画課・銀河の乗客) -• 前述「月曜ドラマスペシャル」では「岩室警察署」となっていたが当時は村であり、警察署が配置される規模ではない。

、で緊急入院する(2日で退院)。 亀井が人情キャラクターとなり犯人を説得しようとする一方、十津川は犯人のアリバイトリックを崩す推理の方を担当することが多い。

越後・会津殺人ルート

🤭 (第37回、第38回)• 秋子 -• また、十津川警部シリーズなのに、十津川警部が中盤まで全く出てこない部分でも異色の作品です。 立野工業・経理 - 松本朝夫• しかしそれらは大抵十津川班の活躍で報われる場合が多い。 よくメモを取ったり、容疑者張り込みや犯人確保には積極的に関与したりするなどかなり真面目な様子。

1
糸崎泰造(警視庁刑事部長) -• 宇佐美京子(帰国子女) -• 洋子(スーパー「A-プライス」店員) -• この作品は青木亜木子が活躍する話が連作で楽しめるので、青木亜木子の魅力を思う存分感じることができるでしょう。 クラブママ - 第26作「特急「おおぞら」殺人事件」(1994年)• 谷口(青森県警察 警部) -• 高橋理沙 - 浅野ゆう子• 工藤夏代(良治と杏子の娘) -• 2019年1月20日閲覧。

西村京太郎トラベルミステリーの登場人物

🙃 趣味としてを挙げている。 原田修(不動産屋・故人) -• 現在、自動車ジャーナリストが所有しており、彼による徹底したが施されている。 若林雄太郎(興業プロダクション 社長) - 第12作「みちのく湯けむり殺意の旅」(1987年)• 新見加奈子の娘(銀河の乗客) -• 佐伯(弁護士) -• また、テレビで放映している水谷豊さん主演の『探偵左文字進シリーズ』も西村京太郎原作です。

16
ストーリー上も十津川・亀井の立場が原作と逆となっており、実質的に主人公となっていた。 鉄道が事件に絡まない• 民謡酒場「つがる」従業員 -• 続く第53作から、十津川班の一員として捜査活動に加わっている。

西村京太郎トラベルミステリー

😄 同僚 -• 逆に十津川が自ら動くというと、亀井があっけにとられてしまうほど。 小島(小島探偵社 代表) -• 片山今日子(故人) -• 藤原さつき(モデル) -• 川北たまき(青柳の愛人) - 藍とも子• 仙堂肇 - 原作との相違点• 工藤功一(文化芸能社 編集長) - 第40作「青函特急殺人ルート」(2003年)• 秋山圭子(みつば銀行 職員・高原と交際中の女性) -• 青木ゆみ子(洋品店経営) -• 100倍の競争率を突破して入学するが、在学中の15歳で終戦を迎えたため 、工業学校へ復学し、卒業後、臨時人事委員会(後の)に就職する。

11
(ニンテンドーDS、発売元:テクモ) モバイル [ ]• 池辺冴子(池辺の妻) -• 安西(守雄の孫) -• 岩室署のロケ地は東京都中央区にあった。 橋口まゆみ(渋谷百貨店の派遣社員・八戸実業高校 元野球部マネージャー) -• 5% 69 2018年 09月16日 金沢〜東京殺人ルート 2時間33分の罠 北陸新幹線かがやき 豪華車両グランクラスチケットをプレゼントしたがる美女! また、1981年には日本推理作家協会賞を受賞しています。