ホモ エレクトス。 「続・人類の拡散」シリーズ 初期ホモ属~人類初の出アフリカ ホモ・エレクトス①~

南アの洞窟でヒトの火の使用の確実な証拠見つかる

🤛 眼(眼窩)の上の出っ張りがある、顎(あご)におとがいがないなどが見分ける特徴となろう。

3
ホモ・ハイデルベルゲンシス、(ネアンデルタール人)などが属する。 その場所では、現生人類(新人、ホモ・サピエンス)も同時にいた可能性が高い。

南アの洞窟でヒトの火の使用の確実な証拠見つかる

⚐ 上に書いたジャワ原人や北京原人たちである。 彼らは、最後期には脳容量が1200ccほどになっていたそうで、現生人類の平均1400ccと比べてもかなり肉薄してきたといえる。 その起源はよくわからないが、がその一員であったアウストラロピテクス・アファレンシスから出てきたという説が強い。

ふつうは、ホモ・ネアンデルターレンシスと分類されるが、われわれ(ホモ・サピエンス)との差はごく小さいので、ホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシスとし、われわれ現生人類をホモ・サピエンス・サピエンス(考えに考え抜くヒト?)とする人もいる。

現代的生活の起源はホモ・エレクトスか

☯ それより以前、450万年前~430万年前のラミダス猿人がすでに2本足歩行していたという。

20
スミソニアン協会。 そこから、集団の一部は氷河期に陸橋を渡って現在のインドネシア・ジャワ()島へ移動したと考えられている。

「続・人類の拡散」シリーズ 初期ホモ属~人類初の出アフリカ ホモ・エレクトス②~

☯ 発見の責任者はオランダ人医師ウジェーヌデュボアでした。

知能そのものはホモ・サピエンスとあまり変わらないと考えられていますが、石器の製作・使用の技術に長けていて、狩猟用、解体用などに使い分けていました。

人類の起源

🖐 もし俺らが上記のホモ・エレクトスを殺すならば、その時、その行為は殺人行為(殺ホモ・サピエンス行為)であるのだろうか?以下では、俺らは上記のホモ・エレクトスを見ながら、ホモ・サピエンスとは何であるかを考えてみよう。

これ、CG動画にして見てみたい気がする。 他の専門家たちは、その大陸で見つかった遺跡は他の類似種であるエルガスターであると主張していることに注意すべきです。

古代人類ホモ・エレクトスは約11万年前までいた…他の人類と交配の可能性も

😙. 素晴らしい発見:火 それ自体は道具ではありませんが、火の発見はホモエレクトスによってなされた主なものでした。 カストロ、ジョセフ。

1
また、の使用に関しては、最近では疑問が提出されている。 さてさて。

人類歴史年表|出アフリカ|人類|ヒト|歴史|誕生|進化|宇宙

⌛ ある意味で、当時よくあることは、進化論を確認することでした。

17
「発達した眼窩上隆起や、厚く頑丈な頭骨も、原人の特徴です。 アジア圏の生息年代の問題 ネット検索していると、「ジャワ島のMojokerto childは180万年前」とか「の元謀原人は170万年前」とか出て来るが、私は今のところ信じられないので、信じる気になったらもう少し調べようと思う。