ボンバー ガール ウルシ。 【新作】ボンバーガール・ウルシ 誕生日絵、他お知らせ|たもつフィールド

【新作】ボンバーガール・ウルシ 誕生日絵、他お知らせ|たもつフィールド

🤐 基本性能 必要 チーム レベル ダメージ 持続時間 チャージ タイム 無敵 硬直 4 成功時全回復 一瞬 最大20秒 成功時、約1秒程度 2秒• どうやらオレンのLv1スキルと同様に発生時は自身の爆風に対して無敵になるようなのでうまく使えると良さそうです。 パステル ためショット ・チャージタイムを短くしました。

負けたら煽りまくって、勝つと無言。 あなたは「体力30を回復するために一度帰還するなら、そのまま敵を攻めたほうが有利なのでは? 一応、冬コミ向けの本は次のわたモテイベントに持ち込むつもりなので、カラーイラスト制作のため一時止まってはいましたが破棄せず完成まで持ち込むつもりなので気を長く待っていただければ幸いです。

ノーマナー一覧

🤔 味方の「ここに来て」も「ベースを守って」も無視でひたすら築城破壊。 プレイの最中にスイとお出しされる敗北絵のおかげで、負けても心が荒まないのもグッド。 機動力が高く、近距離攻撃が得意。

13
確実に削りたい相手がいる時や裏取りには使えると思いますが、発動時の爆風を敵に当てる為に相手に近づいてると、せっかく不可視になってんのに爆風貰ってすぐ見えちゃうなんて事になると悲しいので爆風ダメージを巻き込む際は悲しくならないように使うといいと思います。 花火を炸裂させて、ウルシを中心とした周囲三ブロックの範囲にダメージを与えると同時に姿を消す。

ウルシの評価と性能【ボンバーガール攻略Wiki】

⚓ CV: 「人生は戦闘だ!」が合言葉のミリタリーな褐色ガール。 ボムは初期のまま・火力は最大3、つまり2個しか持てない。

10
タイプで最高速度が高く なんと7 素早く行動できる。 なお、この問題は表示だけの問題で、ガチャの抽選は正しく行われます。

ボンバーガール

🤩 ゆくゆくはPC版も予定されてるそうなので、このまま順調にブームが続いて息の長い作品になったらいいなぁ…。 優勢時• 常にMI-YA*という男と一緒にいて混んでもお構いなしに一緒に全国対戦してる。

2
【プレイヤー名】niboshi. 体力130になれば、それら全ての攻撃を一回は耐えられます。• 【接続店舗名】 【対戦した時間】 【使用ガール】クロ 【罪状】またね 【プレイヤー名】NITO スターA 【接続店舗名】東京/タイトーステーション新宿西口 【対戦した時間】 16時頃 【使用ガール】 主にシロ 【罪状】サブカ「ニトロ」 新規ICカードを購入してプレイするのを直接確認 ビギナーのうちは手慣れた手付きで敵ベースに直行して即爆破 ルーキーに上がってからはシロを使い敵ベースは完全無視してキルばかり取ろうとしてたので明らかに称号目的 【プレイヤー名】NP 【接続店舗名】東京/秋葉レジャラン 【対戦した時間】 22時 【使用ガール】 グリアロ 【罪状】 負け後ありがとうチャット連打 【プレイヤー名】NRAkさんっ! マスターBCルーパー(「nRAK」=「のりあき」と読むらしい。 ゲートの破壊にも無敵抜けは有用。

ウルシの評価と性能【ボンバーガール攻略Wiki】

🤩 そして、攻めよう連打。 以下のスキルについて、調整を行いました。 エメラ、パプルでやられた。

19
今回のは、何と……と言うよりはを前面に押し出した作品になっており、プレイアブルキャラクターは全員女性。 情報募集中です。

【新作】ボンバーガール・ウルシ 誕生日絵、他お知らせ|たもつフィールド

📱 Lv4から使用できるスキルの花火隠れは施設にダメージを与えながら自ボムの爆風やショックボールを回避できるため、素早くゲートを破壊できるようにする。

摘むようにしてめっちゃ強く倒してた。 チームレベル3で使用可能。

ノーマナー一覧

☮ モモコ、アクア、アロエ、パイン、プルーンが該当する。 チームレベル1で使用可能。 チームレベル4で使用可能。

関連タグ 関連記事 親記事. 特にショックボールは着弾から1秒程度ダメージ判定が持続するため、落ちたのを見てから入ってダメージを受けやすい。 敵の移動を見て、空いているタワーやべース付近で現れると効果的である。

ウルシの評価と性能【ボンバーガール攻略Wiki】

😄 なお行先 敵ベースの場合、正面ゲートか裏ゲートか も伝えておくとボマーが何か策を思い付くかもしれない。 忍法花火隠れで消えている状態で発動するとステルスが解除される。

3
発動してから2秒の間にボムやダメージを受けると中止、リチャージが開始される。

ボンバーガール 7 ウルシ:掃溜めと肥溜め

🤟 常にWINDOWという女と一緒にいて混んでもお構いなしに一緒に全国対戦してる。 自身が立っている中央のマスにも攻撃判定があるかどうかは調べてません。 見てたらスティック摘んでる手も震えてたから相当力入れてる。

17
概要 アーケード版『』シリーズの1作として、JAEPO2017にて発表されたアーケードゲーム作品。