ミミッキュ アッキ。 【SWSH S7】獄炎リザミミ【最終127位 / レート2022】

HASアッキミミ

🤐 投稿者:加速レジギガス• 耐久値を底上げすることで、巧みを積む対面を増やす. カビミミドリュを焼くことで拾える試合も少なくない。

20
。 投稿者:きっす• の壁と組み合わせることでさらに不死身になったり、で暴れた後相手の切り返しのックスを皮+ダイブで枯らせたりなど、構築全体ともうまいことが取れてたので性能を最大限に生かせてたと思う。

HAアッキミミ

🐲 これからも使いたい1匹。 コメント 16 みんなの評価 :• ミミッキュの役割と立ち回り 「つるぎのまい」で攻撃をあげるエースアタッカー ミミッキュは、基本的に「つるぎのまい」で攻撃を上げて敵のHPを削るアタッカーの役割です。

2
他の型のミミッキュにも投げられるのが利点ですなwww 鉢巻タネマ1発で25. を使う時は頭を悪くしろと教科書で読んだことがあるので有利対面ができればつのドリル連打で相手を何体も葬った。

【S4使用構築】ラプラスミミッキュ【最終66位】

⚑ コメント 27 みんなの評価 :• 普通に考えてあの高耐久で一撃技を打てるのがおかしい。 つか朝から怯えながら潜ってたけど一度も切断されなかったからあのウワサはなんだったのか… 【コンセプト】 8ターンもの間展開出来るを活かしてダメージレースで競り勝つ 圧倒的な性能を持つキョダイが解禁されたということで主軸にするプランを立てたのがまず一つ。 既存の5枠の場合、の壁ターンを余裕で凌がれる。

18
3%) 与ダメージ (ここでは相手がックスしない状態で計算します) ダイフェアリー H4(59. このは基本的にどんな攻撃も2回耐えるので後出しから欠伸で有利対面をつくって裏のをあわせたり、地割れの試行回数を稼ぐのが主な仕事。 がよく誘うやを立ち回り次第で返り討ちにできる点もかなり強かった。

HASアッキミミ

👍 今期は最終日まで構築が決まらず、溶かしに溶かして2ROMとも4桁の状態から始まる過酷なシーズンでしたが、最後に上振れて無事に2桁に載せることができました。 この選出をする場合どのでもを切れるので、相手の選出を見ながら柔軟に対応していく。

2
選出率:6位 ックス率:4位 5.@オボンのみ 性格:控えめ 特性:激流 技構成:熱湯 瞑想 身代わり 調整 H156 B252 C12 D4 S84 こちらの調整をお借りしました。 straightに2期を匂わせる終わり方でまだ環いろはのsisterもfindできてないワケ。

【S4使用構築】アッキ剣舞ドレパンミミッキュ

🔥 何も言わずに下の耐久指数を見て欲しい。 ハイボメガ山田、ヤシレーヌ、ハイボヤルタリス、すり抜けヤャンデラですなwww ヤャンは剣舞影うちぐらいなら耐えますが、ゴーストZでは返り討ちですなwww ミミッキュは特防が高いので眼鏡ヤシレの泡沫でも確1にはなりませんなwww スキン以外のハイボは無効なので気を付ける以外あり得ないwww• 最後の枠は電気の一貫を切るために。

11
アイアンヘッドやエアスラッシュなども賭けとしては悪くない。 」 運営「あります。

【単体考察】アッキ巧みヨルノズク

🖐 投稿者:るーしゃ• 零度とは確実性やックス、身代わり下の相手にも効果がある点で差別化できる。 選出率2位 率1位 2.@食べ残し 性格:腕白 特性:厚いい脂肪 技構成:ヘビーボンバー 地割れ 守る 欠伸 調整:HB252 S4 HB:特化 S: 選出率NO1の何の変哲もない残飯。

3
カビミミの並びは、アーマーガアなどの物理受けが突破しにくいので、それらに強く出れる特殊ドラパルトを採用した。 最後の枠は電気の一貫を切るために。

【S4使用構築】ラプラスミミッキュ【最終66位】

🤜 技外しで負けるのが一番萎えるので採用する技はなるべく命中安定技。 投稿者:アカシタ ポケモン垢• 天候ダメでタスキ潰しですなwww役割関係はないですしむしろ不利ですぞwww• 相手構築が入りの場合こちらもを選出し殴り合うようにしていたので、素早さはミラー意識でブッパした。 同族に勝てる可能性を少しでも高くするために最速にするのはありだと思うが、珠ドラグーンでを確2圏内に押し込んだり、乱数次第でを落とせたりするので控えめで使い通した。

特殊耐久は奇跡ないラッキーとほぼ同程度らしい。 欠伸展開に強く出たかったので持ち物はラムのみ。

【S4使用構築】アッキ剣舞ドレパンミミッキュ

💙 そこで今回は僕が一番使いやすく、強い調整の仕方をご紹介します!• 欠伸なら眠るまでして殴ればいいし呪い型ならの前でそんなに積んでる余裕がない。 最後の枠は電気の一貫を切るために。 試しに地割れを使ってみたら想像の5億倍強くて感動した。

15
5タテくらいすることも珍しくなかった。