東急 東横 線。 東急東横線の路線図

東横線路線情報|東急電鉄

🤑 新丸子駅 - 元住吉駅間に工業都市駅開業。

) ご注意ください• また、東横線の中枢を担う駅の一つであり、ほぼ終日が行われる。 副都心線は、開業当初からを使用したを行っており、かつ、副都心線の車両は10両編成が基本であることから、同線への乗り入れに際し、これらに対応した設備改良が必要となった。

急行(東急東横線)の停車駅・路線図・沿線の観光情報・模型

😄 目黒線は、武蔵小杉駅 - 元住吉駅間の北側約200mの位置(旧駅舎のホーム付近)までは、東横線が高架化前に使用していた地平の線路を使用する。 その結果、ダイヤ改正当時の急行通過駅(12駅)と同停車駅(11駅)の比率が逆転し、停車駅数が通過駅数を上回るようになった上、同駅・田園調布駅・と3駅連続停車が生じたことや到達時間が延びたことで、利用客からクレームが頻発し(ほぼ1駅おきに停車することから、をもじって「隔駅停車」と揶揄された )、新たな上位速達列車の導入を求められたことなどが挙げられる。 乗換路線 乗換路線はありません• 30年以上、東横線沿線に住んでいるが、今が一番不便」(62歳・男性)といった声も寄せられ、東京メトロ副都心線の開通に伴う東横線渋谷駅の地下化による影響をうかがわせた。

5
土曜・休日ダイヤでの運行はない。

東横線路線情報|東急電鉄

🐲 2004年2月の横浜高速鉄道(株)「みなとみらい線」との相互直通運転に伴い、横浜~桜木町間は、2004年1月30日の終電をもって営業を終了、廃止いたしました。

待避線の使用中止に伴い、それまで日吉駅で行われていた各駅停車と通勤特急や急行との緩急接続および特急の通過待ちなどは、すべて隣の元住吉駅での通過待ちとなった。

急行(東急東横線)の停車駅・路線図・沿線の観光情報・模型

☏ さらに、PR作戦では同時にキャッチフレーズも与えられ、2004年10月11日の開始時点では「 街と街の、どまんなかへ」だったが、のダイヤ改正からは「 街のまんなか、東へ横へ」となっている。 日中は大半が8両編成の和光市行きとなり、朝晩は10両編成の運行や西武池袋線小手指・行きや東武東上線行きなどが見られる。 「嫌い」と答えた人は1人もいなかった。

乗換路線 乗換路線はありません• 14時46分に発生した()により、東横線を含めた首都圏のほぼすべての路線が一時マヒ状態となり、終日ダイヤが混乱した。

東急東横線の路線図

👎 (平成29年)度 - 自由が丘駅、綱島駅、妙蓮寺駅に設置。 3か月定期券は 90日• この際に生じた事柄は以下の通りである。 より利用促進の一環として「 東横特急」の愛称が与えられ、同時にPR作戦も開始された。

停車駅:渋谷駅 - 中目黒駅 - 学芸大学駅 - 自由が丘駅 - 田園調布駅 - 多摩川駅 - 武蔵小杉駅 - 日吉駅 - 綱島駅 - 菊名駅 - 横浜駅 - みなとみらい駅 - 馬車道駅 - 日本大通り駅 - 元町・中華街駅 2駅以上連続して停車する区間が、自由が丘 - 多摩川間(3駅連続)、日吉 - 綱島間(2駅連続)、みなとみらい - 元町・中華街間(4駅連続)と多い。

東横線路線情報|東急電鉄

🌭 (昭和61年)• これは同年9月まで開催されていたに合わせた臨時列車である。

17
運行本数 ダイヤ改正時点での東横線・みなとみらい線・副都心線における日中1時間あたりの運行本数は以下のとおりである。 また、英語表記は「Com. 乗換路線• 乗車証をお渡しいたしますので、その乗車証をご利用になりお帰りください。

東急東横線の路線図

🎇 かつて運行されていた9000系。 渋谷駅付近 地上時代 下に渋谷川が見える(2011年8月) 渋谷隧道を抜けるとに入り、上下線間にが顔を出す。 渋谷駅のホームドアについてはの副都心線への直通運転開始と同時に地下に新設されたホームに設置されている。

19
特急停車駅に加え、とみなとみらい線の・に停車し、とで各駅停車に連絡する。

【沿線調査】東横線が好きと9割が回答! ユーザーに聞いた好き・嫌いなところ

☕ 綱島号 - の観光目的のために設定。

旧渋谷駅の最終日の様子 - 2013年3月15日• 歴史 かつての桜木町駅(2004年1月)• これに合わせてダイヤ改正を実施し、同時に開業間もないとの利便性を向上させるため、平日始発から9時台までと17時台以降の特急をすべて通勤特急に変更した。 近年の輸送実績を下表に記す。

【沿線調査】東横線が好きと9割が回答! ユーザーに聞いた好き・嫌いなところ

🐝 (平成27年)度 - 都立大学駅、新丸子駅 、元住吉駅、大倉山駅、菊名駅下りホームに設置。 地下駅化以前は東白楽駅から続いていた高架線がを跨ぎ終わった直後の箇所に相対式2面2線方式のホームがあり、横浜駅寄りに高島山トンネルが存在していた。 2013年3月からは東京メトロ副都心線との相互直通運転を実施しています。

1955年10月1日 終日運転になる(朝ラッシュ時のみ菊名駅 - 桜木町駅間は各駅停車)。