ど ぐら 格 ゲー。 どぐら

ESPROS Photonics Corporation

♨ 「波動コマンド」、「波動」とも。 余談だが、この事件と同時に自身のTwitterのフォロワー数一万人超えを達成。

ににおいての『』(略称『ストII』)がとして登場してから、ジャンプやしゃがみなどの基本行動、攻撃やガード、コマンド入力方式の必殺技などを駆使する形式が確立され、同ジャンル成長のきっかけを生んだ。 また、攻撃により防御側は後ろに仰け反り間合いが離れるため、連続で攻撃を当てられる回数が制限されるわけだが、めくり攻撃では防御側が仰け反った方向に攻撃側が着地するため、連続攻撃を増やせるというメリットもある。

どぐら

⚠ 乱入したプレイヤーと対戦する場合、5ラウンド中3ラウンドを先取することで勝利とする制度を取り入れたり、一部の作品ではそれに加えて特定の状況下において一つの必殺技を決めることでラウンド先取数と関係なくその場で一方の勝利が確定するというルールの作品もある。 硬直 格闘ゲームでは、移動以外のほぼ全ての行動に行動後に、他の行動が取れない時間『硬直時間』が存在する。 3D対戦型格闘ゲームでのボタン操作 [ ] 『』に代表される3D対戦型格闘ゲームは、ガード・パンチ・キックの3ボタンで構成されるものが多い。

相手の判断を迷わせる、ガード方向を揺さぶる、などの手段として用いられる。

格ゲーチェッカー

🤫 積極的に敵に接近するための前方へのダッシュにくらべると、後退し敵から離れるためのバックダッシュの性能は低く抑えられていることが多いが、無敵時間が設定されているゲームもある(『』など。 性能は必殺技よりも高いものの、残り体力やゲージなど、一定の条件を満たす必要がある。

10へとアップデートされシンに大幅なマイルド調整がされたことを機に新キャラのレイヴンにメインキャラを変更した。

ESPROS Photonics Corporation

🤪 これらはCPUとの対戦に加え、プレイヤー同士の対戦による駆け引きが人気を呼ぶ鍵となり、全国的な対戦ブームを生み出し、各地で大会なども開かれ、ブームは日本国外にも広がりを見せた。

7
投げ ガード状態を無視して攻撃できる。

格ゲーチェッカー

💖 3D対戦格闘ゲームではレバー入力に応じた自然な足の動きを再現することが難しく、キャラクターによっては通常の移動が極めて遅い者もいるため、素早く移動するには大抵このダッシュを使うことになる。 SNSでは自分の見解や格ゲー理論を積極的に発信するプレイヤーで、Twitter上でのどぐらの名言を呟く「どぐらbot」まで作成された。 ここ最近 [ ]ではのコンテンツ(『』シリーズ、『』など)が市場の中心である。

この逆に、前方から後方に半回転させる場合( )は「逆ヨガ」、「後ろ半回転」と呼ばれる。 主に相手の攻撃をガードした直後の反撃や、「」に対する対抗手段として用いられる。

どぐら

☕ 一人目に取り上げたいのは、CYCLOPS athlete gaming所属のプロゲーマー・どぐら選手。 試合内容に関しても、待ちやハメに対しての是非を問うよりも、いかに面白い読み合いができたか、読み合いのやり取りができる相手だったかどうかで語られることが多い。 ただ、こんな素晴らしいイベントに参加できて本当に嬉しかったです。

助手としても動画制作に協力している。