はるの となり 歌詞。 piapro(ピアプロ)

はるのとなり 歌詞『佐々木恵梨』

👌 同じ年の夏、郷里の木曾へ旅して、福島にある姉の家で『夏草』を書いた。 「1曲だけ」で「真夜中の配信」でよかった。

18
星野源さんの新曲「アイデア」が、8月20日に日付が変わった24時ちょうどに、配信のみでリリースされた。 その藝術は幼稚なりき、不完全なりき、されどまた僞りも飾りもなかりき。

TVアニメ『ゆるキャン△』 EDテーマを担当した佐々木恵梨が、『ゆるキャン△ SEASON2』EDテーマ「はるのとなり」を担当することが決定!

📞 彼が今後、夜の街をどう描くのか。 この視点の考察は引き続きライフワークとして続け、機会をみてまた執筆したいと思っている。

11
「ワンダー・ハイウェイ」を聴いていると、アコースティック・ギターはラテン・フレーバーであるし、シンセサイザーの使い方は、山内恵介「愛が信じられないなら」などのストリングスの使い方と通じる所があり、アウトプットの仕方の違いはあれど共通する感覚があるのは面白い。 中国の五行説を反映? 余談だが、『朧月夜』2番の歌詞に隠された深い解釈をご紹介したい。

星野源の「アイデア」を聴いて号泣してしまう感情を言語化する|はるのひ|note

🤛 山梨の女子高校生である志摩リンは、愛車の原付に乗って一路浜名湖を目指していた。

とにかく1回聴いただけでは消化しきれないほどの、予想外すぎるすごい構成の曲だった。

ポップスは夜に濡れている春野の作品にみる「夜の描かれ方」の考察

😙 默し勝ちな私の口脣はほどけて來た。 中国の自然哲学「」または「五行思想」では、万物は「木・火・土・金・水」の5種類の元素からなると考えられている。

14
春野(haruno)とは、ボカロPとして話題となり、現在はLo-Fiヒップ・ホップを通過したインスト楽曲や、70年代や80年代のポップスの要素を取り込んだ作品で注目を集めているシンガー・ソングライター/トラックメイカー。 」の主題歌でもある「アイデア」。

朧月夜 おぼろづきよ 歌詞の意味

📞 新しきうたびとの群の多くは、たゞ穆實なる青年なりき。 におい(にほひ)の意味 「におい(にほひ)」は古語で、「色合い、色つや」といった意味で使われている。

6
つまり、「クラブ」(クにアクセント)と「クラブ」(ブにアクセント)との違いとでもいうか、夜を挟んだ時間経過の表現の違いが世代によって異なっていることに気づかされる。 明治三十一年の春には私は東京の方に歸つてゐて、第二の集を出した。

朧月夜 おぼろづきよ 歌詞の意味

😋 われもこの新しきに入らんことを願ひて、多くの寂しく暗き月日を過しぬ。 月の関連ページ 『月(出た出た月が)』、『炭坑節(月が出た出た)』、『月の沙漠』、『うさぎ』など、月に関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ 十五夜、望月、十六夜など、夜空の月の満ち欠けとその名前の呼び方・読み方、別名・異名の一覧、意味や由来・語源まとめ 春の関連ページ 『春よ来い』、『春が来た』、『花(春のうららの隅田川)』など、春をテーマとした日本の童謡・唱歌まとめ その他関連ページ 日本人の作曲家による日本独自の楽曲が用いられた文部省唱歌. (杉山慧). 透明感と憂いのある歌声が評価され、TVアニメ『プラスティック・メモリーズ』OP主題歌歌手として抜擢、以降作家&アーティストとして幅広く活動中。 3番で歌われる伊勢佐木町など、青江三奈「伊勢佐木町ブルース」(1968年)と言った過去の楽曲とも繋がりを出しながら世界観を形成しているという点で、今の新たなムード歌謡の一片を示している。

7
逍遙字は威卿、小字重太郎、予州宇和島の人なりといふ。 源さんの本気の言葉に触れて、それがあまりに頼もしくて、安心できて、深いところで緊張していた心がほぐされて、泣いてしまうのだ。

星野源の「アイデア」を聴いて号泣してしまう感情を言語化する|はるのひ|note

😅 そんなムード歌謡の流れの中では、演歌界のアイドルとも言える山内恵介の「愛が信じられないなら」(2017年)も特筆に値する。 夕波くらく啼く千鳥 われは千鳥にあらねども 心の 羽 ( はね )をうちふりて さみしきかたに飛べるかな 若き心の一筋に なぐさめもなくなげきわび 胸の氷のむすぼれて とけて涙となりにけり 蘆葉 ( あしは )を洗ふ白波の 流れて 巖 ( いは )を出づるごと 思ひあまりて草枕 まくらのかずの今いくつ かなしいかなや人の身の なきなぐさめを尋ね侘び 道なき森に分け入りて などなき道をもとむらむ われもそれかやうれひかや 野末に山に 谷蔭 ( たにかげ )に 見るよしもなき朝夕の 光もなくて秋暮れぬ 想 ( おもひ )も薄く身も暗く 殘れる秋の花を見て 行くへもしらず流れ行く 水に涙の落つるかな 身を 朝雲 ( あさぐも )にたとふれば ゆふべの雲の雨となり 身を 夕雨 ( ゆふあめ )にたとふれば あしたの雨の風となる されば 落葉 ( おちば )と身をなして 風に吹かれて 飄 ( ひるがへ )り 朝 ( あさ )の 黄雲 ( きぐも )にともなはれ 夜 ( よる )白河を越えてけり 道なき今の身なればか われは道なき野を慕ひ 思ひ亂れてみちのくの 宮城野にまで迷ひきぬ 心の 宿 ( やど )の宮城野よ 亂れて熱き吾身には 日影も薄く草枯れて 荒れたる野こそうれしけれ ひとりさみしき吾耳は 吹く北風を琴と聽き 悲み深き吾目には 色彩 ( いろ )なき石も花と見き あゝ 孤獨 ( ひとりみ )の 悲痛 ( かなしさ )を 味ひ知れる人ならで 誰にかたらむ冬の日の かくもわびしき野のけしき 都のかたをながむれば 空 ( そら ) 冬雲 ( ふゆぐも )に覆はれて 身にふりかゝる 玉霰 ( たまあられ ) 袖の氷と閉ぢあへり みぞれまじりの風 勁 ( つよ )く 小川の水の薄氷 氷のしたに 音 ( おと )するは 流れて海に行く水か 啼いて 羽風 ( はかぜ )もたのもしく 雲に隱るゝかさゝぎよ 光もうすき 寒空 ( さむぞら )の 汝 ( なれ )も荒れたる野にむせぶ 涙も凍る冬の日の 光もなくて暮れ行けば 人めも草も枯れはてゝ ひとりさまよふ吾身かな かなしや醉うて行く人の 踏めばくづるゝ霜柱 なにを醉ひ泣く忍び 音 ( ね )に 聲もあはれのその歌は うれしや物の 音 ( ね )を 彈 ( ひ )きて 野末をかよふ人の子よ 聲調 ( しらべ )ひく手も凍りはて なに 門 ( かど )づけの身の果ぞ やさしや年もうら若く まだ初戀のまじりなく 手に手をとりて行く人よ なにを隱るゝその姿 野のさみしさに堪へかねて 霜と霜との枯草の 道なき道をふみわけて きたれば寒し冬の海 朝は 海邊 ( うみべ )の石の 上 ( へ )に こしうちかけてふるさとの 都のかたを望めども おとなふものは 濤 ( なみ )ばかり 暮はさみしき 荒磯 ( あらいそ )の 潮 ( うしほ )を染めし砂に伏し 日の入るかたをながむれど 湧きくるものは涙のみ さみしいかなや荒波の 岩に碎けて散れるとき かなしいかなや冬の日の 潮 ( うしほ )とともに歸るとき 誰か波路を望み見て そのふるさとを慕はざる 誰か潮の行くを見て この人の世を惜まざる 暦 ( こよみ )もあらぬ荒磯の 砂路にひとりさまよへば みぞれまじりの雨雲の 落ちて 汐 ( うしほ )となりにけり 遠く湧きくる海の 音 ( おと ) 慣れてさみしき吾耳に 怪しやもるゝものの 音 ( ね )は まだうらわかき野路の鳥 嗚呼めづらしのしらべぞと 聲のゆくへをたづぬれば 緑の 羽 ( はね )もまだ弱き それも初音か鶯の 春きにけらし春よ春 まだ白雪の積れども 若菜の萌えて色青き こゝちこそすれ砂の 上 ( へ )に 春きにけらし春よ春 うれしや風に送られて きたるらしとや思へばか 梅が香ぞする海の 邊 ( べ )に 磯邊に高き 大巖 ( おほいは )の うへにのぼりてながむれば 春やきぬらむ 東雲 ( しののめ )の 潮 ( しほ )の 音 ( ね )遠き朝ぼらけ [#改ページ] 春はきぬ 春はきぬ 初音やさしきうぐひすよ こぞに 別離 ( わかれ )を告げよかし 谷間に殘る白雪よ 葬りかくせ 去歳 ( こぞ )の冬 春はきぬ 春はきぬ さみしくさむくことばなく まづしくくらくひかりなく みにくくおもくちからなく かなしき冬よ行きねかし 春はきぬ 春はきぬ 淺みどりなる 新草 ( にひぐさ )よ とほき 野面 ( のもせ )を 畫 ( ゑが )けかし さきては 紅 ( あか )き 春花 ( はるばな )よ 樹々 ( きゞ )の梢を染めよかし 春はきぬ 春はきぬ 霞よ雲よ 動 ( ゆる )ぎいで 氷れる空をあたゝめよ 花の 香 ( か )おくる春風よ 眠れる山を吹きさませ 春はきぬ 春はきぬ 春をよせくる 朝汐 ( あさじほ )よ 蘆の 枯葉 ( かれは )を洗ひ去れ 霞に醉へる雛鶴よ 若きあしたの空に飛べ 春はきぬ 春はきぬ うれひの芹の根は絶えて 氷れるなみだ今いづこ つもれる雪の消えうせて けふの若菜と萌えよかし ねむれる春ようらわかき かたちをかくすことなかれ たれこめてのみけふの日を なべてのひとのすぐすまに さめての春のすがたこそ また夢のまの風情なれ ねむげの春よさめよ春 さかしきひとのみざるまに 若紫の朝霞 かすみの袖をみにまとへ はつねうれしきうぐひすの 鳥のしらべをうたへかし ねむげの春よさめよ春 ふゆのこほりにむすぼれし ふるきゆめぢをさめいでて やなぎのいとのみだれがみ うめのはなぐしさしそへて びんのみだれをかきあげよ ねむげの春よさめよ春 あゆめばたにの 早 ( さ )わらびの したもえいそぐ 汝 ( な )があしを たかくもあげよあゆめ春 たえなるはるのいきを吹き こぞめの梅の香ににほへ 浮べる雲と身をなして あしたの空に出でざれば などしるらめや明星の 光の色のくれなゐを 朝の 潮 ( うしほ )と身をなして 流れて海に出でざれば などしるらめや明星の 清 ( す )みて 哀 ( かな )しききらめきを なにかこひしき 曉星 ( あかぼし )の 空 ( むな )しき 天 ( あま )の戸を出でて 深くも遠きほとりより 人の世近く 來 ( きた )るとは 潮 ( うしほ )の朝のあさみどり 水底 ( みなそこ )深き白石を 星の光に 透 ( す )かし見て 朝 ( あさ )の 齡 ( よはひ )を數ふべし 野の鳥ぞ啼く 山河 ( やまかは )も ゆふべの夢をさめいでて 細く棚引くしのゝめの 姿をうつす朝ぼらけ 小夜 ( さよ )には小夜のしらべあり 朝には朝の 音 ( ね )もあれど 星の光の 絲 ( いと )の 緒 ( を )に あしたの琴は 靜 ( しづか )なり まだうら若き朝の空 きらめきわたる星のうち いちいと若き光をば 名 ( なづ )けましかば明星と [#改ページ] 處女 ( をとめ )ぞ 經 ( へ )ぬるおほかたの われは 夢路 ( ゆめぢ )を越えてけり わが世の坂にふりかへり いく 山河 ( やまかは )をながむれば 水 ( みづ ) 靜 ( しづ )かなる江戸川の ながれの岸にうまれいで 岸の櫻の 花影 ( はなかげ )に われは 處女 ( をとめ ) [#ルビの「をとめ」は底本では「おとめ」]となりにけり 都鳥 ( みやこどり ) 浮 ( う )く 大川 ( おほかは )に 流れてそゝぐ 川添 ( かはぞひ )の 白菫 ( しろすみれ )さく 若草 ( わかぐさ )に 夢多かりし吾身かな 雲むらさきの 九重 ( こゝのへ )の 大宮内につかへして 清涼殿 ( せいりやうでん )の春の 夜 ( よ )の 月の光に照らされつ 雲を 彫 ( ちりば )め 濤 ( なみ )を 刻 ( ほ )り 霞をうかべ日をまねく 玉の 臺 ( うてな )の 欄干 ( おばしま )に かゝるゆふべの春の雨 さばかり高き人の世の 耀 ( かゞや )くさまを目にも見て ときめきたまふさまざまの ひとのころもの 香 ( か )をかげり きらめき 初 ( そ )むる 曉星 ( あかぼし )の あしたの空に動くごと あたりの光きゆるまで さかえの人のさまも見き 天 ( あま )つみそらを渡る日の 影かたぶけるごとくにて 名 ( な )の 夕暮 ( ゆふぐれ )に消えて行く 秀 ( ひい )でし人の 末路 ( はて )も見き 春しづかなる 御園生 ( みそのふ )の 花に隱れて人を 哭 ( な )き 秋のひかりの窓に倚り 夕雲 ( ゆふぐも )とほき友を 戀 ( こ )ふ ひとりの姉をうしなひて 大宮内の 門 ( かど )を出で けふ江戸川に 來 ( き )て見れば 秋はさみしきながめかな 櫻の 霜葉 ( しもは ) 黄 ( き )に落ちて ゆきてかへらぬ江戸川や 流れゆく水 靜 ( しづか )にて あゆみは遲きわがおもひ おのれも知らず世を 經 ( ふ )れば 若き 命 ( いのち )に堪へかねて 岸のほとりの草を 藉 ( し )き 微笑 ( ほゝゑ )みて泣く吾身かな [#改ページ] みそらをかける 猛鷲 ( あらわし )の 人の 處女 ( をとめ )の身に落ちて 花の姿に 宿 ( やど )かれば 風雨 ( あらし )に 渇 ( かわ )き雲に 饑 ( う )ゑ 天 ( あま ) 翔 ( かけ )るべき 術 ( すべ )をのみ 願ふ心のなかれとて 黒髮 ( くろかみ )長き吾身こそ うまれながらの 盲目 ( めしひ )なれ 芙蓉を 前 ( さき )の身とすれば 泪 ( なみだ )は秋の花の露 小琴 ( をごと )を 前 ( さき )の身とすれば 愁 ( うれひ )は細き 糸 ( いと )の 音 ( おと ) いま 前 ( さき )の世は鷲の身の 處女 ( をとめ )にあまる 羽翼 ( つばさ )かな あゝあるときは吾心 あらゆるものをなげうちて 世はあぢきなき 淺茅生 ( あさぢふ )の 茂 ( しげ )れる 宿 ( やど )と思ひなし 身は 術 ( すべ )もなき 蟋蟀 ( こほろぎ )の 夜 ( よる )の 野草 ( のぐさ )にはひめぐり たゞいたづらに 音 ( ね )をたてて うたをうたふと思ふかな 色 ( いろ )にわが身をあたふれば 處女 ( をとめ )のこゝろ鳥となり 戀に心をあたふれば 鳥の姿は 處女 ( をとめ )にて 處女 ( をとめ )ながらも 空 ( そら )の鳥 猛鷲 ( あらわし )ながら人の身の 天 ( あめ )と 地 ( つち )とに迷ひゐる 身の定めこそ悲しけれ [#改ページ] 潮 ( うしお )さみしき 荒磯 ( あらいそ )の 巖陰 ( いはかげ )われは生れけり あしたゆふべの 白駒 ( しろごま )と 故郷 ( ふるさと )遠きものおもひ をかしくものに狂へりと われをいふらし世のひとの げに狂はしの身なるべき この年までの 處女 ( をとめ )とは うれひは深く手もたゆく むすぼゝれたるわが 思 ( おもひ ) 流れて 熱 ( あつ )きわがなみだ やすむときなきわがこゝろ 亂 ( みだ )れてものに狂ひよる 心を笛の 音 ( ね )に吹かむ 笛をとる手は火にもえて うちふるひけり 十 ( とを )の 指 ( ゆび ) 音 ( ね )にこそ 渇 ( かわ )け 口脣 ( くちびる )の 笛を尋ぬる 風情 ( ふぜい )あり はげしく深きためいきに 笛の 小竹 ( をだけ )や曇るらむ 髮は亂れて落つるとも まづ吹き入るゝ 氣息 ( いき )を聽け 力 ( ちから )をこめし一ふしに 黄楊 ( つげ )のさし 櫛 ( ぐし )落ちにけり 吹けば流るゝ流るれば 笛吹き洗ふわが涙 短き笛の 節 ( ふし )の 間 ( ま )も 長き 思 ( おもひ )のなからずや 七つの 情 ( こゝろ )聲を得て 音 ( ね )をこそきかめ 歌神 ( うたがみ )も われ 喜 ( よろこび )を吹くときは 鳥も梢に 音 ( ね )をとゞめ 怒 ( いかり )をわれの吹くときは 瀬 ( せ )を行く魚も 淵 ( ふち )にあり われ 哀 ( かなしみ )を吹くときは 獅子 ( しし )も涙をそゝぐらむ われ 樂 ( たのしみ )を吹くときは 蟲も鳴く 音 ( ね )をやめつらむ 愛 ( あい )のこゝろを吹くときは 流るゝ水のたち歸り 惡 ( にくみ )をわれの吹くときは 散り行く花も 止 ( とゞま )りて 慾 ( よく )の 思 ( おもひ )を吹くときは 心の 闇 ( やみ )の 響 ( ひゞき )あり うたへ 浮世 ( うきよ )の一ふしは 笛の 夢路 ( ゆめぢ )のものぐるひ くるしむなかれ 吾 ( わが ) 友 ( とも )よ しばしは笛の 音 ( ね )に 歸 ( かへ )れ 落つる涙をぬぐひきて 靜かにきゝね吾笛を [#改ページ] こひしきまゝに家を 出 ( い )で こゝの岸よりかの岸へ 越えましものと 來 ( き )て見れば 千鳥鳴くなり 夕 ( ゆふ )まぐれ こひには 親 ( おや )も捨てはてて やむよしもなき胸の火や 鬢の毛を吹く河風よ せめてあはれと思へかし 河波 ( かはなみ ) 暗 ( くら )く瀬を 早 ( はや )み 流れて 巖 ( いは )に 碎 ( くだ )くるも 君を思へば絶間なき 戀の 火炎 ( ほのほ )に 乾 ( かわ )くべし きのふの雨の 小休 ( をやみ )なく 水嵩 ( みかさ )や高くまさるとも よひよひになくわがこひの 涙の瀧におよばじな しりたまはずやわがこひは 花鳥 ( はなとり )の繪にあらじかし 空鏡 ( かゞみ )の 印象 ( かたち ) 砂 ( すな )の 文字 ( もじ ) 梢の 風 ( かぜ )の音にあらじ しりたまはずやわがこひは 雄々 ( をゝ )しき君の手に觸れて 嗚呼 口紅 ( くちべに )をその口に 君にうつさでやむべきや 戀は吾身の 社 ( やしろ )にて 君は社の神なれば 君の 祭壇 ( つくゑ )の上ならで なににいのちを 捧 ( さゝ )げまし 碎 ( くだ )かば碎け 河波 ( かはなみ )よ われに 命 ( いのち )はあるものを 河波高く泳ぎ行き ひとりの神にこがれなむ 心のみかは手も足も 吾身はすべて 火炎 ( ほのほ )なり 思ひ亂れて嗚呼戀の 千筋 ( ちすじ )の髮の波に流るゝ [#改ページ] 花 仄見 ( ほのみ )ゆる春の夜の すがたに似たる 吾命 ( わがいのち ) 朧々 ( おぼろ/\ )に 父母 ( ちゝはゝ )は 二つの影と消えうせて 世に 孤兒 ( みなしご )の吾身こそ 影より出でし影なれや たすけもあらぬ今は身は 若 ( わか )き 聖 ( ひじり )に救はれて 人なつかしき 前髮 ( まへがみ )の 處女 ( をとめ )とこそはなりにけれ 若 ( わか )き 聖 ( ひじり )ののたまはく 時をし待たむ君ならば かの の 實 ( み )をとるなかれ かくいひたまふうれしさに ことしの秋もはや深し まづその秋を見よやとて 聖 ( ひじり )に をすゝむれば その 口脣 ( くちびる )にふれたまひ かくも色よき ならば などかは早くわれに告げこぬ 若 ( わか )き 聖 ( ひじり )ののたまはく 人の命の 惜 ( を )しからば 嗚呼かの酒を飮むなかれ かくいひたまふうれしさに 酒なぐさめの一つなり まづその春を見よやとて 聖 ( ひじり )に酒をすゝむれば 夢の心地に醉ひたまひ かくも樂しき酒ならば などかは早くわれに告げこぬ 若 ( わか )き 聖 ( ひじり )ののたまはく 道行き 急 ( いそ )ぐ君ならば 迷ひの歌をきくなかれ かくいひたまふうれしさに 歌も心の姿なり まづその聲をきけやとて 一ふしうたひいでければ 聖 ( ひじり )は 魂 ( たま )も醉ひたまひ かくも樂しき歌ならば などかは早くわれに告げこぬ 若 ( わか )き 聖 ( ひじり )ののたまはく まことをさぐる吾身なり 道の迷となるなかれ かくいひたまふうれしさに 情 ( なさけ )も道の一つなり かゝる 思 ( おもひ )を見よやとて わがこの胸に指ざせば 聖 ( ひじり )は早く戀ひわたり かくも樂しき戀ならば などかは早くわれに告げこぬ それ秋の日の夕まぐれ そゞろあるきのこゝろなく ふと目に入るを手にとれば 雪 ( ゆき )より白き 小石 ( こいし )なり 若 ( わか )き 聖 ( ひじり )ののたまはく 智惠 ( ちえ )の石とやこれぞこの あまりに惜しき色なれば 人に 隱 ( かく )して今も 放 ( はな )たじ [#改ページ] くろかみながく やはらかき をんなごゝろを たれかしる をとこのかたる ことのはを まこととおもふ ことなかれ をとめごゝろの あさくのみ いひもつたふる をかしさや みだれてながき 鬢 ( びん )の 毛 ( け )を 黄楊 ( つげ )の 小櫛 ( をぐし )に かきあげよ あゝ 月 ( つき )ぐさの きえぬべき こひもするとは たがことば こひて死なむと よみいでし あつきなさけは 誰 ( た )がうたぞ みちのためには ちをながし くにには死ぬる をとこあり 治兵衞はいづれ 戀 ( こひ )か 名 ( な )か 忠兵衞も名の ために 果 ( は )つ あゝむかしより こひ死にし をとこのありと しるや君 をんなごゝろは いやさらに ふかきなさけの こもるかな 小春はこひに ちをながし 梅川こひの ために死ぬ お七はこひの ために燒け 高尾はこひの ために 果 ( は )つ かなしからずや 清姫は 蛇 ( へび )となれるも こひゆゑに やさしからずや 佐容姫は 石となれるも こひゆゑに をとこのこひの たはふれは たびにすてゆく なさけのみ こひするなかれ をとめごよ かなしむなかれ わがともよ こひするときと かなしみと いづれかながき いづれみじかき [#改ページ] 旅と旅との君や我 君と我とのなかなれば 醉うて袂の 歌草 ( うたぐさ )を 醒めての君に見せばやな 若き命も過ぎぬ 間 ( ま )に 樂しき春は老いやすし 誰 ( た )が身にもてる寶ぞや 君くれなゐのかほばせは 君がまなこに涙あり 君が眉には 憂愁 ( うれひ )あり 堅く結べるその口に それ聲も無きなげきあり 名もなき道を説くなかれ 名もなき旅を行くなかれ 甲斐なきことをなげくより 來りて 美 ( うま )き酒に泣け 光もあらぬ春の日の 獨りさみしきものぐるひ 悲しき味の世の智惠に 老いにけらしな旅人よ 心の春の 燭火 ( ともしび )に 若き命を照らし見よ さくまを待たで花散らば 哀 ( かな )しからずや君が身は わきめもふらで急ぎ行く 君の行衞はいづこぞや 琴花酒 ( ことはなさけ )のあるものを とゞまりたまへ旅人よ [#改ページ] 思君九首 中野逍遙 思君我心傷 思君我容瘁 中夜坐松蔭 露華多似涙 思君我心悄 思君我腸裂 昨夜涕涙流 今朝盡成血 示君錦字詩 寄君鴻文册 忽覺筆端香 外梅花白 爲君調綺羅 爲君築金屋 中有鴛鴦圖 長春夢百祿 贈君名香篋 應記韓壽恩 休將秋扇掩 明月照眉痕 贈君双臂環 寶玉價千金 一鐫不乖約 一題勿變心 訪君過臺下 清宵琴響搖 佇門不敢入 恐亂月前調 千里囀金鶯 春風吹緑野 忽發頭屋桃 似君三兩朶 嬌影三分月 芳花一朶梅 潭把花月秀 作君玉膚堆 かなしいかなや流れ行く 水になき名をしるすとて 今 ( いま )はた殘る 歌反古 ( うたほご )の ながき 愁 ( うれ )ひをいかにせむ かなしいかなやする墨の いろに染めてし花の木の 君がしらべの歌の音に 薄き命のひゞきあり かなしいかなや前の世は みそらにかゝる星の身の 人の命のあさぼらけ 光も見せでうせにしよ かなしいかなや同じ世に 生れいでたる身を持ちて 友の契りも結ばずに 君は早くもゆけるかな すゞしき 眼 ( まなこ )つゆを帶び 葡萄のたまとまがふまで その面影をつたへては あまりに 妬 ( ねた )き姿かな 同じ 時世 ( ときよ )に生れきて 同じいのちのあさぼらけ 君からくれなゐの花は散り われ 命 ( いのち )あり 八重葎 ( やへむぐら ) かなしいかなやうるはしく さきそめにける花を見よ いかなればかくとゞまらで 待たで散るらむさける 間 ( ま )も かなしいかなやうるはしき なさけもこひの花を見よ いといと清きそのこひは 消ゆとこそ聞けいと早く 君し花とにあらねども いな花よりもさらに花 君しこひとにあらねども いなこひよりもさらにこひ かなしいかなや人の世に あまりに惜しき 才 ( ざえ )なれば 病 ( やまひ )に 塵 ( ちり )に 悲 ( かなしみ )に 死 ( し )にまでそしりねたまるゝ かなしいかなやはたとせの ことばの海のみなれ棹 磯にくだくる 高潮 ( たかじほ )の うれひの花とちりにけり かなしいかなや人の世の きづなも捨てて嘶けば つきせぬ草に秋は來て 聲も悲しき天の馬 かなしいかなや 音 ( ね )を遠み 流るゝ水の岸にさく ひとつの花に照らされて 飄 ( ひるがへ )り行く 一葉舟 ( ひとはぶね ) [#改ページ] 二人 ( ふたり )してさす 一張 ( ひとはり )の 傘 ( かさ )に姿をつゝむとも 情 ( なさけ )の雨のふりしきり かわく 間 ( ま )もなきたもとかな 顏と顏とをうちよせて あゆむとすればなつかしや 梅花 ( ばいくわ )の油 黒髮 ( くろかみ )の 亂れて匂ふ 傘 ( かさ )のうち 戀の一雨ぬれまさり ぬれてこひしき夢の 間 ( ま )や 染めてぞ燃ゆる 紅絹 ( もみ )うらの 雨になやめる足まとひ 歌ふをきけば梅川よ しばし 情 ( なさけ )を捨てよかし いづこも戀に 戲 ( たはふ )れて それ忠兵衞の夢がたり こひしき雨よふらばふれ 秋の入日の照りそひて 傘 ( かさ )の涙を 乾 ( ほ )さぬ 間 ( ま )に 手に手をとりて行きて 歸 ( かへ )らじ [#改ページ] さびしさはいつともわかぬ山里に 尾花みだれて秋かぜぞふく しづかにきたる秋風の 西の海より吹き起り 舞ひたちさわぐ 白雲 ( しらくも )の 飛びて行くへも見ゆるかな 暮影 ( ゆふかげ )高く秋は黄の 桐の梢の琴の 音 ( ね )に そのおとなひを聞くときは 風のきたると知られけり ゆふべ 西風 ( にしかぜ )吹き落ちて あさ秋の葉の窓に入り あさ秋風の吹きよせて ゆふべの鶉巣に 隱 ( かく )る ふりさけ見れば 青山 ( あをやま )も 色はもみぢに染めかへて 霜葉 ( しもば )をかへす秋風の 空 ( そら )の 明鏡 ( かゞみ )にあらはれぬ 清 ( すゞ )しいかなや西風の まづ秋の葉を吹けるとき さびしいかなや秋風の かのもみぢ 葉 ( ば )にきたるとき 道を傳ふる 婆羅門 ( ばらもん )の 西に東に 散 ( ち )るごとく 吹き 漂蕩 ( たゞよは )す秋風に 飄 ( ひるがへ )り行く 木 ( こ )の 葉 ( は )かな 朝羽 ( あさば )うちふる 鷲鷹 ( わしたか )の 明闇天 ( あけくれそら )をゆくごとく いたくも吹ける秋風の 羽 ( はね )に 聲 ( こゑ )あり 力 ( ちから )あり 見ればかしこし西風の 山の 木 ( こ )の 葉 ( は )をはらふとき 悲しいかなや秋風の 秋の 百葉 ( もゝは )を落すとき. 午前4時という朝方に公開されたというのがまたすごい演出だと思った。

4
上述したように前者の側面であるEP『Love Is A Flower』は夜のサウンドトラックだが、もう一つの歌モノの楽曲でも夜が想起されるようなサウンドが特徴となっている。

TVアニメ『ゆるキャン△』 EDテーマを担当した佐々木恵梨が、『ゆるキャン△ SEASON2』EDテーマ「はるのとなり」を担当することが決定!

⌛ 【スタッフ】 原作:あfろ(芳文社「COMIC FUZ」掲載) 監督:京極義昭 シリーズ構成:田中 仁 キャラクターデザイン:佐々木睦美 プロップデザイン:山岡奈保子、井本美穂堤谷典子 メカデザイン:遠藤大輔、丸尾 一 色彩設計:水野多恵子(スタジオ・ロード) 美術監督:海野よしみ(プロダクション・アイ) 撮影監督:田中博章(スタジオトゥインクル) 音響監督:高寺たけし 音響制作:HALFH・PSTUDIO 音楽:立山秋航 音楽プロデューサー:村上 純 音楽制作:MAGES. 私の文學生涯に取つての處女作とも言ふべきものであつた。

18
<ストーリー> これも、ある冬の日の物語。 歌が始まったら何だかもうあとからあとから涙があふれてきて止まらなかった。

TVアニメ『ゆるキャン△』 EDテーマを担当した佐々木恵梨が、『ゆるキャン△ SEASON2』EDテーマ「はるのとなり」を担当することが決定!

✆ 青春のいのちはかれらの口脣にあふれ、感激の涙はかれらの頬をつたひしなり。 基本的に歌が入っていない作業用BGMとしての側面やチャット機能による眠れない夜のコミュニティの場としての側面は、ニコニコ動画における作業用BGMタグの動画を思わせる。

13
この楽曲はNHKの人気ラジオ番組『ラジオ深夜便』内の《深夜便のうた》に使用された他、第54回日本レコード大賞作曲賞を獲得するなど話題となった。