土井 善晴 大泉 洋。 『水曜どうでしょう』などで披露された大泉洋の傑作物まね20選 (2015年3月5日)

大泉洋 X 土井善晴 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

👍 黙々と調理を続ける土井さんに 大泉「説明しながらやってくださいよ」 と指摘され 土井「いま、小麦粉をまぶしてね、南蛮漬けですからあぶらで揚げます」 説明はしながらも、こいつうるさいなとばかりに 土井「ね、(これで)いいですか?」 返す土井さん。

18
息子の食が細くなったわけじゃなかったんです。 大泉洋の数あるものまねネタの中でも、「土井先生ものまね」は特にクオリティが高く面白すぎると人気を集めていました。

大泉洋 X 土井善晴 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

😂 これまた完食。

14
最後にぶつ切りにした青ネギを入れて3分程度煮ると出来上がり。

大泉洋 X 土井善晴 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

⚛ いつもと全然違う。 番組を見ていた人なら分かっていただけるでしょうが、「小林製薬の糸ようじ」のフレーズをまねたシーンは大爆笑必至です。 土井「オンカメでございましたねえ、いまのは・・・」 出来上がった鮭の南蛮漬けを試食する3人 森崎「うおーっ・・・これはうまい!」 オーバーなリアクション。

20
」 土井さんに 大泉「ほんまにそう思うてんのやろかなあ、大きいねリアクションがねえ」 土井「ちょっとクサイ」 大泉「ちょっとクサイなあ」 土井「でもこの人(リーダー)ええ人や、キミ(大泉さん)より」 土井先生の方が一枚上手だったようで。 かつて、その土井善晴のものまねを「水曜どうでしょう」で披露していたのが大泉洋。

なんてったってアイドル 第3回 バラその1

☮ さらに醤油を加え、蓋をして10分、こうすることで食材本来の旨みがグッと引き立てられるのです。 すぐに図書館でレシピを何冊か予約。

17
美味しければこんなに食べる。 原口のを観て「コイツより上手い!」と自賛したが、エハラのを観て「プロには勝たん」と落胆。

なんてったってアイドル 第3回 バラその1

🤛 ということが分かって目から鱗。 藤村D、嬉野Dは大笑いでしたよ。

ちょっとダミ声で、やや早口。

なんてったってアイドル 第3回 バラその1

😋 それどころか余計な水分を与えないことで旨みの流出も防ぐことができ、主役のジャガイモのホクホクネッチリとした食感には感動ものだそうです。 大泉「先生のことは、北海道の人は本州の人よりもなんていうか ちがう愛着をもってますね、 ボクのモノマネのおかげで」 そんなことはお構いなしになべの火加減を調節する土井先生。 その温かな家庭料理の原点は、土井善晴が、「料理は愛情」という父・土井勝の料理教室の講師になったことでした。

4
大泉「どうする、盛り付ける?」 スタッフ「お願いします」 大泉「ほな盛り付けるわ」 その口調に土井さん思わず笑ってしまう。 土井「それはね、相手(南蛮漬け)が赤いでしょ」 大泉「ああ、なるほど」 土井「盛り付けたら・・・」 大泉「(器の赤)がたたない」 土井「いやいや鮭がたたないです、器たたしてどないすんの」 大泉さん、思わず感心。

大泉洋 X 土井善晴 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

⚛ 語尾が聞き取りにくい感じなど、鈴木前議員の特徴を再現しています。

と同時に。

大泉洋 X 土井善晴 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

🙃 もちろんアドリブではなく脚本通りのセリフなのです。 「2種類の粉を使うんです」と言うと「私の顔も2種類の粉でできています」とすかさず遅延行為を挟み、「冷たい油から挙げると確実に火が通る」と説明していたにも関わらず、揚げる前に油を温めようとして注意されるなど、その小芝居がかった絡みが絶品でした。 そして現在のアシスタントはテレビ朝日アナウンサーの久富慶子が担当しています。

20
でもこのレシピはベテラン主婦さんも喜ばはる~」という、絶品土井家の肉じゃがレシピがネットでも大人気です。

『水曜どうでしょう』などで披露された大泉洋の傑作物まね20選 (2015年3月5日)

😆 土井善晴と大泉洋の夢の料理共演が実現した伝説回もありましたが、「水曜どうでしょう」の終了と共に、大泉洋のものまねもすっかり忘れ去られた昨今。 今頃になって大泉洋の「土井先生ものまね」がジワジワきているというのです。 ご飯があんまり美味しくなかっただけ。

6
土井善晴先生スゴイ! 大泉洋さんのモノマネのせいで、いつも面白い口調でだし巻きばっか作ってる人かと思ってました. 大泉「あ、先生説明してください、これは?」 土井「これはね、生鮭ということで・・・北海道の・・・」 大泉「これはね、生鮭ということで・・・」 練習する大泉さん。