一遍 上 人 絵 伝。 一遍上人のご生涯

一遍上人絵詞伝

😛 3年()13歳になるとに移り、の孫弟子に当たるの下で10年以上にわたりを学ぶ。 (あんぎん) - 『一遍上人絵伝』に着用がみられる(も参照)。 当初、これは、意図的ではなく自然発生的に行われ、しだいに形式化されていったと考えられます。

「一遍聖絵」10-41。

『一遍聖絵』研究における参考文献一覧|矢崎 佐和子|note

🤭 内容は単に開祖と二祖の事跡を追うだけでなく、それらを通して開祖から二祖への法系の正当性を示し、時衆教団としての教義や行儀法則を示すものとなっている。 『盆踊り:乱交の民俗学』作品社、2011年。

いわゆるの祖師の中で、唯一で修学した経験のない人物であり(『一遍上人年譜略』の記述は後世のものと考えられる。

一遍聖絵

🐾 顔料は上質なものが用いられ、暢達した描線による人物描写は古様を示し、精彩がある。 一遍の踊念仏は他の修行者の遊行とは違い、興業に近い。 教団の根本聖典として重要視されたため、転写本がさかんに制作され、現在、20本ほどが知られている。

1
南無阿彌陀佛と申す外さらに用心もなく、此外に又示すべき安心もなし。

一遍上人のご生涯

⚐ 弘安7年(1284)一遍上人は、一路京都を目指しました。 橘俊道・訳・解説『一遍上人全集』(、、新版)• 厭ふべからず。

2
廟所はにあり、の影響が指摘される巨大なである。 花がいろ月がひかりとながむれば こころはものをおもはざりけり 花には花の色が、月には月の色がある。

一遍上人絵伝とは

💙 人ばかり超世の願に預るにあらず。 さらに各地を行脚し、2年()には伯父の通末が配流された信濃国伴野荘を訪れた時にを始めた。

5
「我が屍は野に捨てよ」佐江衆一(新潮社)、24、125頁• 河野家の出なんです。

一遍聖絵

😔 そして、この境地を表したのが「 六十万人頌 ろくじゅうまんにんじゅ」です。 ギャラリー [ ]• 有力であった本家のは、3年()ので京方について敗れ、祖父のが陸奥国稲瀬()に、伯父の河野通政が羽広()に、伯父の河野通末が信濃国(長野県)にそれぞれされるなどして没落、ひとり幕府方にとどまった通信の子、の一党のみが残り、一遍が生まれた頃にはかつての勢いを失っていた。 「ビジュアル百科 日本史1200人」入澤宣幸(西東社)、79頁• 一遍の「踊念仏」は全てを捨てた境地 空也の平安浄土教にみられる呪術性や習合信仰の特徴が、一遍の「捨てる」ことの徹底によってさらに深化されて踊念仏に表れているとされています。

1
是れ誠に金言なり。