なつぞら 面白くない。 広瀬すず『なつぞら』脚本大不評…「恵まれ過ぎ」「共感できない」 (2019年5月29日)

和解と不入り>『なつぞら』第106話

🎇 アニメの彩色の仕事は月5000円しかもらえないとか言いながら、衣食住確保し、家賃も食費も入れてる様子もない。

9
でもこのひとには根本的な問題がある。

広瀬すず『なつぞら』脚本大不評…「恵まれ過ぎ」「共感できない」

👋 「十勝の農協問題」が出てきたのってほんの二日前じゃなかったっけ? そんな急に「バター工場で酪農王国をー!」とか「酪農家の喜びがー!」とか言われてもなあ… このエピソードがうすぼんやりと「なつぞら」の裏テーマである「共存共栄」に関係してるのはわかる。 じいちゃんは私の誇りだもん!」と弁明し、泰樹に抱きついて涙を流した。

「買い取り価格」を上乗せする形では問題が生じ、封筒に入れて金銭を授受する形式にせざるを得ない理由が伝えきれていない。

ドラマ『なつぞら』第1話はつまらない?面白い?感想・評判・評価まとめ

👍 なつの子供時代は、泣けるシーンも多く、圧倒的に高評価だったなつぞらですが、 9年後、農協に勤める剛男と酪農の勝ち組である泰樹との対立が描かれ、 それに挟まれるなつという構図で、話が進んでいます。 それがなつがアニメーションをつくる「理由」になる。

やはり最大の問題は、酪農捨ててまでアニメーターになりたい、という動機の部分が余りにも弱いところだと思う。

なつぞらの農協問題はつまらない?面白い?感想は?18話のネタバレも

💢 アニメの「ハイジ」はまさに「家族の再生」「人々の共生」を描いたアニメでした。 まあ朝ドラ100作目のメンツもあって、これでは視聴率が不安になる気持ちもわかる。 なつ(広瀬すず)は双方の間で揺れていると、倉田先生(柄本佑)に誘われ、演劇部に入ることに。

13
もちろん制作サイドも無策だったのではなく、第5週の段階で、なつ(広瀬すず)を上京させて、「東京・新宿編」「アニメーション編」の登場人物をひと通り見せました。

連続テレビ小説 なつぞら

✆ それか、テキトーに広瀬すずが可愛く見える脚本書いてるだけなのか?ボケちゃったのか?あの脚本家は何なんだろう。

19
40代・男性 なつぞら第1話 キャストごとの感想、評判、評価 最後に なつぞら第1話のキャストごとの感想、評判、評価を見ていきたいと思います。

なつぞらが面白くないのはなんで?

⚔ 当然、ご指摘のように主人公の環境が生ぬるいという批判も出ます。

13
この回では、なつが富士子に、なぜ剛男と結婚したのか?という質問をする。 【木村隆志】 コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。