ビックバン にゃんこ。 にゃんこ大戦争DB ステージデータ詳細 宇宙編 第1章 ビッグバン

【攻略】『とびだす!にゃんこ大戦争』ビッグバンをクリアするコツを検証してみた

😁 参考に筆者の 「お宝」取得状況を下記に記しておきます。 ビックリマン• 敵が大量にでてきます。 覚醒のネコムートは簡単に撃破されるので サーチとムキあしネコと クリーナーで前線を敷きつつ シシコマあたりで処理していきました。

ただし神さまの無慈悲な攻撃は有無を言わずにゃんこ軍団を昇天させてくるので、神さまの攻撃と攻撃の合間を見計らってタイミングよくアタッカーを生産するようにしてください。 参考に筆者の 「お宝」取得状況を下記に記しておきます。

【ふたりでにゃんこ大戦争】ビッグバンの攻略とオススメの編成について!|ゲームメインのサブカル総括シティ

😜 過去何度か挑戦した時には、赤黒のダブルぶんぶんにダメージが全く与えてないように思えた上、すごく早く自分の城が倒されていたので、諦めていたのです。

そこで対策としてはふっとばし能力持ちなので ネコ超特急や 覚醒のネコムートなどの カウンター攻撃持ちをパーティーに入れること。 参考までに筆者が実際にパワーアップさせていた項目について下記に記します。

【にゃんこ大戦争】宇宙編第1章

🔥 ここで神さまの前方に誰もいないことを確認してから満を持しての覚醒のネコムートを突撃させます! 神さまの攻撃タイミングも見計らって厳しそうであれば無理はせずに次のチャンスを待ちましょう。 前に大狂乱コンプしてから、宇宙編二章をこのサイトを参考にして進めて来たのですが、ビックバンに関してはアイドル志望をもってない、クリーナーを持ってない、ベビーカーズを持ってないなどの理由で諦めて、神様の攻撃頻度があまりにも遅かったので、自分で考えた っていってもあんなに攻撃頻度が遅ければ誰でも思い付きそうですが KBハメで倒しました。

12
神さまに至っては、 3回攻撃となっています。 敵キャラクター 敵キャラクター 属性 エイリワン エイリアン スターあり エイリアン スターあり エイリアン スターあり エイリアン スターあり — ステージ攻略手順 1. つまり、エイリアンの群れを昇天させるスピードが速ければ速いほど神さまに攻撃を加えるチャンスが増えることになります。

【にゃんこ大戦争】謎の仮面無し 攻略宇宙編第1章 ビックバン

❤️ W天空のネコでダメージを蓄積し、 ヴァルキリーなどで、 一気に倒していきます。 今回の編成では「ハハパオン」のバリアブレイクできるのはムートだけです。

12
そんなステージをクリアする時に、 必ず超激レアが必要です。 ボスである 「神様」が本気を出していますがクリアするためにはどのような編成で挑めば良いのでしょうか。

【にゃんこ大戦争】宇宙編 第2章 ビッグバン 攻略解説

🖐 その為、 重なった瞬間に覚醒のネコムートを出します。

7
壁キャラネコ 2体で構成。 特に、体力が群を抜いて高く 対策なしでは体力を削り切るのに めちゃくちゃ時間がかかってしまいます・・・。

【にゃんこ大戦争】子連れにゃんこの評価と使い道|ゲームエイト

😍 動画 宇宙編 第1章の攻略TOPはこちら. ノックバックさせ続けることができれば、 前線が崩壊することもなく、 神さまを倒すことができます。 基本は 「覚醒のネコムート」でごり押し出来ますが不在の時に 「バリア」持ちに直面すると後手に回ります。 またにゃんこ砲も神さまが指を上げた直後に打つと少しだけ攻撃までの時間を稼ぐことができます。

割と金欠になりやすく、敵の攻撃もそこまで激しくないのでこの数で十分です。 お金に余裕があれば、 ジャラミを生産し、 攻撃役、壁役を兼任させます。

【にゃんこ大戦争】宇宙編第1章

☣ ・大狂乱のネコモヒカン:レベル30 ・大狂乱のゴムネコ:レベル30 ・ねこななふん:レベル30 ・大狂乱のムキあしネコ:レベル30 ・大狂乱の天空のネコ:レベル30 ・大狂乱のネコライオン:レベル30 ・覚醒のネコムート:レベル30 以下から個別に解説していきます。 大狂乱ムキの攻撃力は レベル30状態で5220なので39まで上げて 6000を超える事が大切です。 開始10分経つと、が出て来てが大量出現するため、その前には神さまを倒しておきたい。

9
しかも、 100%の確率で 吹っ飛ばす・動きを遅くするもあるので 妨害能力もかなり強力。

【攻略】『とびだす!にゃんこ大戦争』ビッグバンをクリアできるメンバー

😅 の最終ステージビッグバンに出現する固有ボス。

8
基本的には敵の数が少なく、ピンポイントで対象を狙い撃ちしやすい場所で運用することになります。 あの 赤井ブン太郎(赤いぶんぶん先生)と、 ブラックブンブン(黒いぶんぶん先生)が 2匹同時で来るという鬼畜さに、立つ術はなかったのです。