平沢 進 パレード 歌詞。 平沢進『パレード』の一考察|ゆるけー|note

平沢 進 パレード

🤜 ほんのあと5年、長い人類史のほんの砂粒一つ程度の時間だけ、書き上がるのが遅れて欲しかったと思う。

11
その『パレード』という曲を聞いてみれば分かるが、 歌詞が極めて難解なのだ。 この二重で蒙昧であると言いたいのだろうと考えた。

パレード

🤣 事実上物理的にも対戦能力を無くし、アメリカに降服を申し出ていたにもかかわらずシカトされ「戦争を終わらせるため」という理由でご丁寧に二回も落とされたあの原爆のことだ。

3
説明過剰も野暮だ。 曲の構成で行くと、Aメロは煌びやかに見えて一歩裏に回ると底知れぬ闇が広がる現実。

金星 平沢進 歌詞情報

😈 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

2
アーティストにハマる。

平沢 進 パレード

⚒ またこんど! 参考. そして、現在執筆している2020年より14年程前、2006年に映画『パプリカ』の劇中歌として曲『パレード』の作詞作曲、歌をつとめている。 まず、ブログからもわかるように、ヒラサワ氏は日本に対しても皮肉的である。

20
そして、ヒラサワ氏がその狂気の沙汰を警鐘する歌こそがこの『パレード』であるのだと。 (参考『AI vs 教科書が読めない子どもたち』) 一方で、「 マイナーな欝は戯言 バラ色は廉価」「 マイナーな説はたわごと 享楽は廉価」という歌詞から、マイナー(=少数派)の言葉は訳が分からないという言われようである。

平沢進『パレード』の一考察|ゆるけー|note

☕ まさに「 渇くシナジー(=相乗効果)」である。 皆さんは『パレード』という曲をご存知だろうか。 平沢進さん『金星』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

8
また、「 瀕死の(=壊滅的な)リテラシー(=知識)」では「 メカニカルに殺」される。

金星 平沢進 歌詞情報

☭ サビは警句に従い闇を見てみぬ振りをし続けた人間の奥底から沸きあがるモノ、といった感じです。 アコースティックギターの静かな音色と、子守歌のような平沢進さんの優しい歌声に、まるで昔の無垢な自分に還るような心地よさに包まれる、平沢進さんの名曲の1つです。 まず、上述した考察のまとめとして、3つのポイントがある。

7
光と影の間で揺れ動く「キミ」。