理想編成 デレステ。 【デレステ】理想編成まとめ

ユニゾン 理想 編成

☏ オルタネイトよりコンセントレーションのほうが初回発動が早いため、オルタネイトが初回から機能する。 つまり、オルタネイトの発動中にCOMBOボーナスが発動していた場合、 デメリットは無視されます。

15
もしCo9秒リフレインがボーカル特化で実装された場合、コンセ、スパークル、アンサンブルはすでに実装済みアイドルで網羅できていますが、その他はまだリフレイン以外にも抜けがあります。 かつてはこれが全体曲の理想編成であったが、リフレイン入りに理想編成の座を明け渡した。

【デレステ】特技秒数についての基礎知識【編成強者への道】

✍ よって、このフェス限の項でのみ、紹介されている特技を有する具体的なカード名を載せています。 Vi特化7高スライドアクトは未実装のため、Vo特化7高スライドアクトの遊佐こずえで代用しています。 アンサンブルやスパークル、コンセントレーションなどのスキルもリフレインと組み合わせると非常に強いので現在のデレステでは7秒、9秒、11秒のスキルはそれだけで当たりです。

3
その際、編成も各種アピール値を気にしてやると、より効果的になります。 例としては「SCOREボーナス2、COMBOボーナス2、ライフ回復1」や「フォーカス1、SCOREボーナス1、COMBOボーナス2、ライフ回復1」といった感じです。

デレステ スコア理想編成リスト 2020/01 Star!! MASTER+

✋ 特訓前SSRやSRは一部のみ計算しているので漏れている場合があります。

オルタはコピー元が1回でも発動すればコピーし、デメリットはコピーしない。 編成を都度弄ってみてください。

デレステ スコア理想編成リスト 2020/01 Star!! MASTER+

⌛ 秒数一覧 発動間隔 発動確率 効果時間 カバー率 7秒 中 少し 85. オールラウンド 秒数一覧 発動間隔 発動確率 効果時間 カバー率 13秒 中 かなり 69. トリコロールは ゲスト含めて3色揃っていれば良いので、自分側2色+ゲスト1色でも効果が発動します。 要するにUNIT Aのレゾナンス編成で発動している特技には他ユニットのブースト効果が全て乗り、その際のSCORE・COMBOボーナスアップの倍率は数百%と突拍子もない数字になります。

18
31) なぜかこれまでDa特化の13高スパークルは実装されていなかったのですが、2019. マジック以外の秒数を揃えることでスコアを上げる。

[デレステ]GRAND LIVEでのファン数稼ぎ編成解説

👇 レゾナンス編成でない場合、SCOREボーナス系特技+COMBOボーナス系特技をそれぞれ最低2人以上、特技強化系特技 アンサンブルorトリコロール・シンフォニーorスキルブースト を1人入れた組み合わせにしましょう。 特に11秒のコンセントレーションは唯一中確率が存在するので持っていない方はスカチケおすすめです。 ゲストなし編成ではレゾナンスの発動条件の関係で不可能な同スキル2枚積みによってかなりのスコアが出ます。

ちなみに、これを全て加算して計算するよ、というのが「レゾナンス」です。

デレステ スコア理想編成リスト 2020/01 Star!! MASTER+

👆 1番高いアピール値を伸ばすトリコロールがいいでしょう。

16
オバロとCOMBOサポートでMISSでもコンボが継続するようになりますが、ロング・スライドノートの始点でMISSすると終点が消失するためフルコンボになりません。 また、センターをチャームに置き換えればファン稼ぎ編成も作れるためCoともランキングを参照してみてください。

【デレステ】スコアタ理想編成と確保推奨アイドル|茶猫P|note

📲 また、WIDEの放置編成で用いられるのも主に8高と10高です。 差別化できる点としては入手のしやすさとバラエティ(秒数・属性・特化ステの組合せ)の豊かさでしょうか。

20
センター効果についてはこちら。

アバウトなデレステ日記

⚠ 3% 備考 通称ライスパ。 計算結果• インストールされていない場合は別途インストールをお願いします。

14
ただしシンフォニーの発動率の関係上運に左右されやすい。

デレステ最適ユニット計算機(仮)

✊ レゾナンス編成においては通常の編成よりGREATのスコア落ち込みが大きくなるため、コンセントレーションにはより一層の注意が必要です。 ただしオルタネイトと異なり倍率アップ効果が無いことには注意しましょう。 要するにGRAND LIVE用編成を組むにあたっては「誰を入れるか」ということだけでなく、 「どこに入れるか」ということも考慮に入れなくてはならないということになります。

20
PaDa特化の例:、、、、• 特技性能が高すぎるため、発動間隔は12秒とマイナーであり、カバー率も低めに抑えられています。