ガラス の 十 代。 内海光司&佐藤アツヒロの熱唱に「光GENJI」トレンド入り! 平成世代「ガラスの十代めっちゃめちゃ良い」

ガラスの十代

🤗 1975• その中でも、私を高校生の頃に引き戻して感傷を呼び覚ますほど、耳に残って離れないメロディーがある。 このメロディ、この歌詞、そして光GENJIという存在。

15
2010• 1993• 1968• 2011• ローラースケートで歌うがゆえに、当時は歌唱中に転ぶことも珍しくなく、それでもすぐに立ち上がって歌う姿は健気だった。

ガラスの十代

⚡ 1997• 4月から始まったローラースケートの猛練習は3ヶ月以上にも及んだという。 2020• 中学生から高校生にかけての年齢、つまり思春期である。

5
7日 (光GENJI)• CHAGE&ASKAの2人が共同で作曲した「STAR LIGHT」でデビューした光GENJIは、瞬く間に日本を代表するスターとなり、セカンドシングルとして発表した「ガラスの十代」で日本中を光GENJIブームに巻き込むこととなる。 1989• しかし、それは、手探りでもあり、怖いもの知らずでもあり、傷つきやすくもあり、また悩みの多い時期でもある。

光GENJI「ガラスの十代」/ザ・ベストテン 今月のスポットライト

✍ シングルバージョンの他に、が割れる音で終わるものやアルバム「光GENJI」収録の2番のAメロが「光(内海・大沢)」と「GENJI(諸星・佐藤寛・山本・佐藤敦・赤坂)」の掛け合い+ハモリになっているなど複数のバージョンが存在する。 2007• 1979• 主人公は、ある日、ほんの少しのボタンの掛け違いによって、恋人の女性から突如別れをもちかけれられ、戸惑いを隠せなくなる。

18
合算シングル:2018・2019• 2020• 1981• 2014• 2004• 1986• 2021• デジタルシングル:2017・2018• 2週目には早くも1位を獲得し、6週連続で1位をキープするなど、破竹の勢いでトップアイドルの座へ駆け上がった。

光GENJI ガラスの十代 歌詞

😆 ストリーミング:2018・2019• 88年1月14日にTBS敷地内の屋外特設ステージで歌唱した際には、人工雪を敷き詰めた地面に立ち、上半身裸&短パン&裸足という、明らかに風邪を引きそうな状況で歌っていた。 1968• 7日 (光GENJI)• 1993• 2013• 5日・12日・19日・26日 (長渕剛)• 1998• 2005• 1995年9月1日放送のでは、メドレーの最後にこの曲を披露した後、メンバー5人 がステージ中央にローラースケートを置く演出がなされた。

5
1985• それくらい、発売翌年の88年にも売れてるので、87年だけの枚数だとだいぶ減るでしょう。 ストリーミング:2018・2019• いわゆるジャニーズJr. 2007• そのメロディーをサビとする楽曲が発売となったのは1987年11月で、今の高校生たちは、まだ生まれてもいない。

光GENJI ガラスの十代 歌詞

🖐 1994• 1979• 「つまずきはいつだって僕たちの仕事だから 落とした涙の色 忘れないで」というところが、ギュッとたまらなくなります。 「ガラスの十代」は、年をまたいで2月11日まで8週連続1位という記録を達成する。 2015• 2020• 1982• 1990• 1975• メンバーの一人が歌入れの際に、歌詞を読んで涙ぐんでしまったという話もある。

7
2020• CHAGE&ASKAの2人が共同で作曲した「STAR LIGHT」でデビューした光GENJIは、瞬く間に日本を代表するスターとなり、セカンドシングルとして発表した「ガラスの十代」で日本中を光GENJIブームに巻き込むこととなる。 2010• 1995年9月1日放送のでは、メドレーの最後にこの曲を披露した後、メンバー5人 がステージ中央にローラースケートを置く演出がなされた。

光GENJI ガラスの十代 歌詞

🤘 そのメロディーをサビとする楽曲が発売となったのは1987年11月で、今の高校生たちは、まだ生まれてもいない。 元ののルーキー当時の応援歌として使われ、2021年現在は、捕手の登場曲になっている。

2019• 1986• 2021• しかし、将来が予測できない十代という時期だからこそ、大人のような強さがないからこそ、偽りない心で愛し合い、ともに乗り越えて行こう、と女性を包み込む。 ASKAは、そんな十代という時期を、そして、彼らが育む恋愛や夢、希望を、透明で何かにぶつかればすぐに割れてしまいかねないガラスに例え、しかしながら、そんな危うさの中で光り輝く美しさに価値を見い出すのだ。

ガラスの十代

⚔ 2018• 2009• シングルバージョンの他に、が割れる音で終わるものやアルバム「光GENJI」収録の2番のAメロが「光(内海・大沢)」と「GENJI(諸星・佐藤寛・山本・佐藤敦・赤坂)」の掛け合い+ハモリになっているなど複数のバージョンが存在する。

13
2017• 1985• 1973• 2019• 成長期真っ只中の10代の男の子たちが大胆に肌を露出して歌っていたのだから無理もない。 2018• 1999• 2018• 「ガラスの十代」は、年をまたいで2月11日まで8週連続1位という記録を達成する。