仙台 市 文学 館。 仙台文学館にカフェ「ひざしの杜」をオープンいたしました

仙台文学館|東北の観光スポットを探す

☕ 1996年8月、カムチャツカ半島で取材中にヒグマに襲われて急逝。 回 年 受賞者 受賞作 出版社 第50回 (21年) 無月となのはな 第49回 (平成20年) Z境 思潮社 第48回 (平成19年) 草花丘陵 思潮社 第47回 (平成18年) 地球頭脳詩篇 思潮社 第46回 (平成17年) 高岡修 犀 思潮社 第45回 (平成16年) 山崎るり子 風ぼうぼうぼう 思潮社 第44回 (平成15年) 浮遊する母、都市 第43回 (平成14年) 原子野 砂子屋書房 第42回 (平成13年) 発熱頌 書肆山田 第41回 (平成12年) 豊原清明 朝と昼のてんまつ 第40回 (平成11年) 「静かの海」石、その韻き 思潮社 第40回 1999年(平成11年) 生きているということ 編集工房ノア 第39回 (平成10年) ターミナル 思潮社 第38回 (平成9年) 黒部節子 北向きの家 夢人館 第37回 (平成8年) ジパング 思潮社 第36回 (平成7年) 徳岡久生 私語辞典 思潮社 第35回 (平成6年) 夕陽に赤い帆 思潮社 第34回 (平成5年) 千葉香織 水辺の約束 思潮社 第33回 (平成4年) 関富士子 飼育記 あざみ書房 第33回 1992年(平成4年) 宮静枝 山荘光太郎残影 東洋館出版社 第32回 (平成3年) まぎれ野の 鳥影社 第31回 (平成2年) 小山内弘海 一九八六年七月の朝飛行船を見に行った 路上社 第31回 1990年(平成2年) 斎藤忠男 花のある雑草 秋田文化出版社 第30回 (平成元年) 大坪孝二 今日よりも 第30回 1989年(平成元年) 堀江沙オリ Alone together 思潮社 第29回 (63年) 加藤文男 労使関係論 花神社 第28回 (昭和62年) 内川吉男 メルカトル図法 火山弾の会 第27回 (昭和61年) 尺骨 芸立出版 第26回 (昭和60年) 菊池貞三 ここに薔薇あらば 花神社 第25回 (昭和59年) 縮図 季節社 第24回 (昭和58年) 有我祥吉 クレヨンの屑 黒詩社 第23回 (昭和57年) 小笠原茂介 みちのくのこいうた 津軽書房 第22回 (昭和56年) 星々 青磁社 第21回 (昭和55年) 吉岡良一 暴風前夜 工房P 第20回 (昭和54年) 普遍街夕焼通りでする立ちばなし 私家版 第19回 (昭和53年) 庄司直人 庄司直人詩集 宝文館出版 第18回 (昭和52年) 香川弘夫 わが津軽街道 Laの会 第17回 (昭和51年) 相田謙三 あおざめた鬼の翳 竜詩社 第17回 1976年(昭和51年) 泉谷明 濡れて路上いつまでもしぶき 津軽書房 第16回 (昭和50年) 高木秋尾 けもの水 幽血詩社 第15回 (昭和49年) 佐藤秀昭 毛越寺二十日夜祭 第14回 (昭和48年) 沢野紀美子 冬の桜 第14回 1973年(昭和48年) 北森彩子 城へゆく道 詩学社 第13回 (昭和47年) 及川均 及川均詩集 第12回 (昭和46年) 尻取り遊び 表現派詩社 第11回 (昭和45年) 高橋謙吉 真珠婚 第10回 (昭和44年) 岩泉晶夫 遠い馬 私家版 第09回 (昭和43年) 前原正治 作品・緑の微笑 他5編 第08回 (昭和42年) 動物哀歌 思潮社 第07回 (昭和41年) 宝譲 冬の雨 他3編 宝洸 第06回 (昭和40年) 中村俊亮 愛なしで 思潮社 第05回 (昭和39年) 吉田慶治 あおいの記憶 第04回 (昭和38年) 寒河江真之介 鞭を持たない馭者 第03回 (昭和37年) 斎藤庸一 雪のはての火 昭森社 第02回 (昭和36年) 舌のある風景 歴程社 第01回 (昭和35年) 鎌田喜八 エスキス 圏詩社 「晩翠あおば賞」「晩翠わかば賞」 東北地方および仙台市の国内の詩作品を対象とした賞で、「晩翠あおば賞」は、「晩翠わかば賞」はに授与された。 新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、会期が再度変更されました。

20
19歳のときに目にしたエスキモーの村の空撮写真に惹かれ、村長宛に手紙を書く。 展示に先立ち、広くみなさまから年賀状を募集します。

仙台市 仙台文学館│「月」にまつわるエッセイ募集[最優秀賞 賞状 図書カード1万円分 記念品]

🙄 弊社サイトの現バージョンは、日本の日本語の利用者を対象としています。 車町 0• 他の方の口コミにもありますが、建物の構造も素敵なので、行く価値はあります。

16
福田町 0• 非公募施設• 宮城野 0• やりなおしてください。 (仙台文学館)• 平成 0• 平成26年度 公募施設• お問い合わせ 仙台文学館 電話/022-271-3020 ファクス/022-271-3044. 駐車場は40台分ご用意しております。

仙台文学

☺ TripAdvisor LLCは、トリップアドバイザーが所有または運営していない外部サイトのコンテンツについて責任を負いかねます。 南目館 0• 登録は無料です。 アクセス バス停「北根二丁目・文学館前」より徒歩5分 駐車場 40台(無料). それを記念し、「月」にまつわるエッセイ作品を募集します。

15
直筆原稿なども見ることができ、わくわくしました。

仙台文学館|施設案内

✔ 元寺小路 0• 取材中の事故で亡くなり25年を経た現在においても、心打つ大自然や動物の写真と美しい文章で、多くのファンを魅了しています。 大梶 0• 絵手紙• 特別展は、自分が行った時は「ガラスの仮面」だった。 出花 0• 好きな作家や作品の主人公などに宛てて書いた年賀状 など自由にお書きください。

18
二の森 0• 残念ながらその時は、特別企画展はなく、仙台ゆかりの作家たちの展示のみでした。 やりなおしてください。

写真展 星野道夫 悠久の時を旅する|仙台文学館

😅 鉄砲町 0• 「SENDAI」詩碑(参照) 設計 (平成6年)に開催された仙台文学館全国公開において、最優秀賞を受賞したネオタイド建築計画()の案を元に建設された。 3階が常設展示と特別展示に分かれている。

18
規定の字数、テーマに沿わない作品は選考の対象外とします。 4月23日からの特別展「まど・みちおのうちゅう」期間中は、詩「ブドウのつゆ」にちなんだ特別メニュー「山ぶどうとブルーベリーのクロナッツとドリンクのセット」(700円税込)を販売いたします。

仙台市 仙台文学館│「月」にまつわるエッセイ募集[最優秀賞 賞状 図書カード1万円分 記念品]

👊 写真展 星野道夫 悠久の時を旅する 少年の頃から北の自然に憧れ、極北の大地アラスカに生きた星野道夫。 〇ご入館の際、サーマルカメラでの検温、手洗い、手指の消毒にご協力ください。

やりなおしてください。 また、20歳の時にシシュマレフ村の村長に宛てて書いた手紙や、村長からの返事の手紙をはじめ、貴重な展示資料を交え、旅を終えることなく急逝した星野道夫の足跡を辿ります。