いつか 笑え たら それで いい さ。 【くわばたりえさん インタビュー】子育てはみんな悩んでいる。いつか振り返って笑えたらそれでいいんじゃないかな。

わたしはどうしたらいいのでしょうか。 35才になってしまったわたしは

👌 今は頑張ってここまで来た自分に拍手しましよう。 そこで「働いて、笑おう」という言葉が出てきた。

15
大海に漕ぎ出した今、錦戸さんが操縦する小さなヨットの客席に座って「 あっちの空、天気悪そうだからこっち行く?」って、まだ見ぬ場所へ、一緒に旅に出たいと思います。 そうやって向き合えた人と、意味のない時間を続けて生きていたい。

いつ笑えますか。|そこらへん|note

😃 そんな中 当社としてもお役に立てることができればと思っております。 俺が書いたものだと、日清食品さんの「おいしいの、その先へ。 嫌い未満の何かが出会う人全てに積もっていく。

いつもそんなことが頭によぎる人間だった。

ナオト・インティライミ 未来へ 歌詞

💢 「やっぱりチームで動くものだから、最終的には全員で笑いたい」と言っていて、メモ、メモ。

14
幻想を抱くことで現実から目を背けられた。

笑いたくないときに笑っていたら、笑えなくなっていた

😅 結局どこかで笑えないとダメだと思う。

7
自分がダメな人間だと思い知らされる。

いつ笑えますか。|そこらへん|note

🖖 でも、やっぱりみんな悩んでいるんです。

2
「働く人の未来を考えています」と言っても誰も引っかからない。

子どもが何か言い出したら「それはいい考えね!」といつでも応援したい【子どもと向きあう・前編】|トピックス|クルールしずおか

👆 」だし、サントリーさんだと「水と生きる」。 親も、家族に弱いところやダメなところも素直に出すようにしていくと、それだけで気持ちが楽になるんじゃないかな。

3
これまでの仕事や、働くことについて、たくさん聞いて、たくさん語ってもらった。

ワタナベ薫 公式ブログ

👉 同時に、自分だけじゃないとわかったことで、きもちが救われることもありました。 去年でさえ12個落としたんだから、立てない今はどうなるんだろう。 「 いろんなタイミングが重なったのが、去年やったのかな」と振り返るように、人生の岐路で大きな決断をした錦戸さん。

1
一日でも早く、感染が収束する未来でありますように。

「はたらいて、笑おう。」と書いている俺自身が笑えてない。クリエイティブディレクター佐倉康彦さんに聞く、働くこと、笑うこと。

👇 受け取った手紙が増えすぎて 自分の荷物は捨てていった 満たされた気持ちになって その実また空っぽだ お金は多い方がいい 友達は多い方がいい 安心も多い方がいい 結局幸福とはなんだ 必ず死ぬと書いて必死 夢の中と書いて夢中 まさに必死で夢中になって 僕らは季節を駆け抜けた 怪我ばっかりが増えたけれど 痛えと笑える仲間が居た 昔の自分に嫉妬するな そいつが君の仮想敵だ 楽しけりゃ笑えばいいんだろ 悲しい時は泣いたらいいんだろ 虚しい時はどうすりゃいいの? 教えて 教えて 名残惜しさも無くさよなら 巡り巡る季節は素っ気無い それに何を期待すりゃいいの? 教えて 教えて 空っぽの空に潰される 結局人間ってのは 一つや二つの欠落はある 何かが足りないと思うか 何かが必要と思うか 最低限の荷物はある 僕にはこれで十分すぎる もう一度僕は駆けてみよう 必死で夢中に駆けてみよう 今日が暮れて今日がやってくる 流れのままにとは行かないが 嫌なものを嫌と言ってたら こんな今日に流れ着いた だから今日は記念日だ 戦った僕の記念日だ ただ一つだけ問題がある 全くもって虚しい今日だ 楽しけりゃ笑えばいいんだろ 悲しい時は泣いたらいいんだろ 虚しい時はどうすりゃいいの? 教えて 教えて 名残惜しさも無くさよなら 愛した人や物はあっけない それに何を期待すりゃいいの? 教えて 教えて 空っぽの空に潰される 弱音を吐いたら楽になるか 泣くだけ泣いたら楽になるか 死にたいと言えば気持ちいいか そこから踏み出したくはないか どっかに忘れ物をしたよ 教室か母のお腹の中 恒久的な欠落を 愛してこその幸福だ 楽しけりゃ笑えばいいんだろ 悲しい時は泣いたらいいんだろ 虚しい時はどうすりゃいいの? 教えて 教えて 暗いところからやって来て 暗いところへ帰っていくだけ その間に 何が出来るの? 教えて 教えて 空っぽの空に潰される. 笑いたい。

5
そういう会社がいいですね。 私が思う「輝く人」は、自立した人。

「空っぽの空に潰される」

⌛ 」とか。 あんたのいいところは、無理してないところよ。 そんな気持ちを抱きながらも 節目節目を通して 沢山の学びや発見を得て成長していきます。

意味を見出さなくても生きられる人を馬鹿にすることで、意味を見出すことでしか生きられないわたしを守るしかなかった。