細君 意味。 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

「妻・嫁・奥さん・家内・女房・かみさん・細君」の違い

⚐ 夫婦のうち、女性の方を表す言葉には、妻・嫁・奥さん・女房・家内・かみさんなど多くあるが、婚姻制度上、婚姻関係にある女性は「妻」であり、書類の続柄にも「妻」が使われるように、夫が配偶者のことをいう最も一般的な呼称は「妻」である。 「奥さん」という呼び方には「外(表)に出ずに、家の奥にいて家事をする女性」といったニュアンスもあることから、人によってはあまり適切な言い方ではないと感じることもあります。

17
悲愁歌 吾家嫁我兮天一方 吾が家我を嫁す 天の一方 遠託異國兮烏孫王 遠く異國に託す 烏孫王 穹盧爲室兮氈爲牆 穹盧を室と爲し 氈を牆と爲し 以肉爲食兮酪爲漿 肉を以て食と爲し 酪を漿と爲す 居常土思兮心内傷 居常土思して 心内に傷む 願爲黄鵠兮歸故鄕 願はくは黄鵠と爲りて 故鄕に歸らん 漢の家は私を天蓋の果てに嫁したので、今はこうして異国にあって烏孫王に身を託しています、 この地はテントを部屋とし、毛布を壁として、肉を食べ、獣の乳を醤油の代わりにしています 明け暮れこの地にあって、故郷を思い心の痛まぬ日はありません、願わくは黄鵠となって故郷に飛んで帰りたい。

細君(さいくん)の類語・言い換え

💋 そこから、使用人の女性を呼ぶようになり、自分の妻のことを表すようになった言葉で、「世話人」というニュアンスを含むため、現代においては好まれない呼称である。

11
亭主……その家の主(あるじ)、夫、茶の湯で茶事を主催する人 辞書の通りに解釈すれば、「主人」よりも「旦那」のほうが丁寧な呼び方であることがわかります。 「かみさん」は、「目上の相手・地位や立場が上の相手」に対しては使うことができません。

「細君」とはどういう意味?また何と読む?正解は「さいくん」と読むとの事。│YAOYOLOG

⌛ 「妻」という呼び方は近代的な結婚制度が誕生する前から存在していて、「生活を共にしている親しい女性」のことを古代から「妻・つま(妻・夫と漢字表記)」と呼んでいました。 カミさん(上さん)……商人の妻、その家の女主人• かみさんは、自分の妻や他人の妻を呼ぶ言葉。 本当はどう呼ぶのが正しいのでしょうか? そこで今回のテーマは、「夫も学ぶ一般常識」。

そのため、かみさんは「かかあ天下」「尻に敷かれている」ということを匂わせる表現になるが、実際はそれをネタのように言っている場合が多い。 そうした小国の一つに烏孫国があった。

妻の呼び方…家内、かみさん、嫁さん、嫁、奥さん正しいのは? [男の子育て] All About

👐 漢は周辺諸国と積極的に同盟関係を結び、匈奴を牽制する策を用いた。 rei : kun no saikun ni yorosiku. 人生毎日が勉強です。

1
ただし「奥さん・奥様」は「他人の妻に対する敬意を込めた敬称」なので、「自分の配偶者・妻」を呼ぶ場合には使えません。

「細君」とはどういう意味?また何と読む?正解は「さいくん」と読むとの事。│YAOYOLOG

😋 主として自分の配偶者をいうが、他の人の配偶者についていうこともある。 「嫁」は「男性側(夫側)の両親(義親)が、イエに嫁いできた息子の配偶者」を表現する時に使う言葉で、原義は「夫が妻を呼ぶ時の言葉」ではありません。

17
家内……家の中で暮らす人、亭主の妻• 嫁(嫁さん)……息子の妻• 女房……妻のこと、朝廷に仕える女官 辞書の通りに解釈すれば、「嫁トーク」で使われる「嫁」とは、本来は自分の妻ではなく自分の息子の妻ということになります。

「細君」とはどういう意味?また何と読む?正解は「さいくん」と読むとの事。│YAOYOLOG

⚡ 元々は、目上の人を表す「上様」が変化した言葉で、商人・職人の妻や、女主人を「おかみさん」と呼び、「お」を除いて「かみさん」と呼ぶようになったものである。 当時の遊牧民は、父が死ぬとその妻まで子に相続される習慣があったのである。

他人の妻にも「細君」は使えますが、「目上の人」には使えず、「自分と同等以下の立場の相手の妻」に対して使われる言葉になっています。

「細君」とはどういう意味?また何と読む?正解は「さいくん」と読むとの事。│YAOYOLOG

👣 楽天広告 「妻・嫁・奥さん・家内・女房・かみさん・細君」の違いのまとめ 「妻・嫁・奥さん・家内・女房・かみさん・細君」の違いは、もっとも一般的で相手や状況を選ばない配偶者の呼び方として「妻」があります。 旦那……お布施をする人、商家の奉公人が自分の主人を敬っていう語、男の得意客、自分や他人の夫• 奥さんは、他人の妻に対して敬っていう「奥様」のくだけた言い方で、軽い敬意含む呼称。 「奥さん」は「奥様」をくだけた表現にしたもので、「上司(先生)の奥さん・彼の奥さん・B君の奥さん」というように、「他人の妻」であればどんな場合でも使うことができます。

夫……女性を「妻」というのに対し、男性をいう語• しかし、結婚したばかりの女性や、結婚した相手の女性(妻)を表す言葉としても、古くから使われており、あまり好ましくはないが、妻を「嫁」と呼ぶことは、必ずしも間違いというわけではない。