ガンダム seed destiny 最終 回。 ガンダムSEED DESTINY最終回

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」最終回を観返す。

🤘 「何で……何で……何で……。 すでに兵器を失った要塞に対して、クルーの脱出も待たず破壊とは。 2011年5月8日ににて開催された「とことんSDガンダム! 「アスラン! 駄目だ、お前…! 逃げるな!」 (カガリ) 「生きる方が…戦いだ!」. 命、また空に散るならば、せめて、その意味を。

「ルナのひざは柔らかいな・・・」 ボロボロになったインパルスとデスティニーの下で、シンはルナマリアの膝に頭を預けたまま、宙を仰いでいる。 インフィニットジャスティスはそれを右へ左へ受け流し、反撃する。

Revival版Destiny最終話

😆 やはり、不満なのは後半です。 「おい!ふざけたこと言うな!救援だァ?なんでこの船がそんなことすンだよ!?」 (アズラエル) 「アズラエル理事!しかし!」 (ナタル) 「無事な艦はすぐにも再度の総攻撃に出るンだッ!」「そんなことより、補給と整備をいそげよ!」. 出撃前だというのにどいつもこいつもサカりやがって。

2
やはり、ここまで違ってしまって別れても、理解し合える。 「 自ら育てた闇に食われて人は滅ぶとなァー!」 積年の因縁に決着をつけようとするフラガとクルーゼ。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第50話 「最後の力」

⚡ それをスゲー印象的で詩的に演出していてステキ。 これが正義と、正しき道筋と、信じるそれぞれの胸の奥の火は陽炎か。 ザフトの新鋭艦ミネルバは、シン・アスカが搭乗するインパルスガンダムを中心として特殊部隊を追撃し、激しいMS戦闘を行う。

14
「そんな…無茶です!現在我が軍がどれだけのダメージを受けているのか理事にだってお分かりでしょう!」. 「機動戦士ガンダムSEED」と各所でリンクしていて「なるほど」と思うところもあります。 議長には、騙されていたのではないかと思ったのでしょう。

機動戦士ガンダムSEED DESTINYネタバレ解説!辛口評価の理由は?|Okamoto

💕 勝手に来て勝手にコメントつけて・・・w 戯言のようなコメントにいつもお付き合いくださって感謝です。 その後、2004年の年末には(遅れネット局では2005年の年始)1時間スペシャルとして第11話と第12話が連続放送された。 シリーズ全体の総括は、今度暇なときにでも出来たらやりたいと思ってます。

こいつらホントどうかしてるぞ…。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」最終回を観返す。

☺ PHASE-30 Meteor -ミーティア- PHASE-23 スペシャルエディションII それぞれの剣 23. プラント総帥たる父に会いにいくアスランのその決死の思いを悟り、あらかじめ楔を打つキラ。

1
73 PHASE-17、PHASE-19 PHASE-24、PHASE-26 梶浦由記 佐橋俊彦 鈴木Daichi秀行 (田中理恵) Quiet Night C. (かわしてます) 「僕は勝つンだ… そうさ、いつだって…!」 (アズラエル) 「艦長!」 (サイ) 「回避ーッ」 (マリュー) 「駄目ですッ間に合いませんー!」 (クルー) ナタルさんにも見捨てられ、もはや完璧にイっちゃったアズー。

ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS~選ばれた未来~(ネタバレあり注意)

☭ その時、主人の下に舞い戻る鳥のごとく、宙に弧を描いてインフィニットジャスティスの背中に赤い翼が収まる。

8
強力な兵器なんですよ?兵器は使わなきゃ。 インテリジェンスに欠けるシンは、思考をデュランダル議長に預ける。

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY最後とその後は~

🤚 だけどこの後、自らもアスランの デンドロビウム級2連サーベルにMSごと真っ二つにされ空に散る。 Revolution 各話リスト 2005年12月末から2006年1月末の深夜時間帯にかけて、最終回を中心とした総集編と最終回のその後を描いた新作映像で構成された特別編『 機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS〜選ばれた未来〜』がを皮切りに一部系列局で順次放送された。 男性キャラクター部門:1位( 1351票) - 2位は 658票。

13
移動要塞持っていて、地球を狙えるレクイエム持っていて、ネオ・ジェネシスを味方の艦艇ごと撃つ悪役デュランダルを、 未来を救うために戦う主人公キラ・ヤマトって形をした最終話なのに、人々がデュランダルの方を望んでいたら、悪いのはキラ達。 現在、ガンダムシリーズも動画サービスなどで簡単に視聴できるので「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の関係作品をご覧になってはいかがでしょうか? まとめ ということで、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」は期待が高かったぶん、内容に納得のいかないファンが多く生まれ、アンチも極端に反応する作品となったということだと思います。