艦これ ss 提督 解任。 【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

【艦これ】提督「心が読める眼鏡?」【R

🐾 それは貴様が提督になりたいと強く思い願ったからだ。 主に俺が苦しむ方向で」 コンコンコン 提督「?入っていいぞ」 加賀「失礼します」 提督「加賀か。

最早奴だけの身柄ではどうにもならないそれだけの事をしている」 父がなにをしていたかは詳しくは知らない だけどあまりいい噂はなかった 艦娘の入れ替えが激しく 常に遠征に行かせていたり専門用語でオリョクル?と言うらしい 艦娘の撃沈率も高かく よく分からないが解体や近代化改修というのもしていたらしい いわゆるブラック鎮守府らしい 何処にでもあるねブラックな企業は 企業なのか? まぁいいそれで肝心な時に逃げてしまった ここら辺に人が少ないのはその時の襲撃で犠牲者がたくさん出てしまい 殆どが帰ってこなくなってしまったからだ おかげで店が少ない買い物も満足に出来ん 元帥「だが、貴様にもせめてもの慈悲をくれてやろう」 提督「ん?艦娘くれんの?」 元帥「失敗した時は憲兵には引き渡さず私がこの手で殺してやる」 提督「はぁ?」 それが慈悲?広辞苑をねじ込んでやろうか? 提督「それはー」 元帥「任務に必要な書類や詳細などは送っておいた。 海の底から、どんな思いで見てるかなぁ、え?」 元提督「……っ……」 提督「お前は彼女を殺したんだぞ?いいか、死に追いやったんじゃなく、殺したんだ!」 提督「ケッ、睡眠不足なぞ、采配ミスの言い訳にもならない」 提督「作戦が成功したおかげで有耶無耶になって良かったな、え?」 元提督「…………」 提督「まぁ最も、加賀の夫は、最後に来たときはこう言ってたけどな」 提督「『妻にもう会わないように言われたので』」 元提督「…………」 提督「お前には恩を返すようなことはできないんだよ」 提督「だけど、彼女たちはお前への貸しは忘れてくれるだろうさ」 提督「赤城はどうだかな……フン」 提督「お前はひたすら慎ましやかに生きればいいんだ。

捨てられた鎮守府と捨てられた提督

♥ 83 ID:zkDwEkgD0 加賀「もっと、もっとぉ……」 加賀は俺の服のボタンをはずし、シャツをはだけて胸を露出させた そして俺の乳首の先端を指で転がす 喉の辺りから頭にかけて電流を流されたような感覚が一閃する 加賀「また大きくなりましたね。

15
ずっと、見ていた。 こんにちは」 山城「どうも」 提督「散歩か?」 扶桑「ええ。

捨てられた鎮守府と捨てられた提督

☕ 」 大佐「貴方も理解しているでしょう。 リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報-SSまとめ-はてなブックマーク - 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報-SSまとめ- プレビュー 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報-SSまとめ- 0:55 「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【】 これくしょ. 」 陸奥 だいたい理由は察しがつくけど、まあ言わない方がいいわよね………。

4
55 ID:jbnGtj2L0 元提督「鈴谷に出くわした時もあったな」 提督「ああ、そうだ。

【艦これSS】提督「拗ね時雨」

😅 すると奴は確実にエロい妄想をし出す」 加賀「本当に?」 妖精「間違いないね。 ハチ、イク、ゴーヤは二式水戦を運用してくれ。 電車の中だったな」 元提督「すぐにわかった。

9
頼んだぞ!」 イク「スナイパー魂が滾るのね!」 提督「ただ心配なのが伊勢が水上爆撃機を飛ばしてくる可能性が十分ある事だ。

捨てられた鎮守府と捨てられた提督

🖐 258• でもそうよね。 75 ID:zkDwEkgD0 加賀「もう出るのかしら?いいわ、早くください」 提督「やっぱり、せめて膣内は……だめだ……」 加賀「関係ありません。

18
それが我々、軍人だ」 大佐「. どうして?」 提督「なんかやたら俺と話すのが嫌そうなんだけど。

提督「艦娘達が急変した」

⚡ 逆らえば極刑は免れないでしょうね」 少将「だろうな。 あ、似合ってる、ですか。

5
35 ID:4JX4bhLC0 初めて書きますがよろしくお願いします。

【艦これ・SS短編】元提督「これで、いいんだ」

😗 71 ID:zkDwEkgD0 提督「……とても気持ちよかったよ」 加賀「そう言ってもらえると嬉しいわ」 提督「だからもうやめに」 加賀「……自分で実験のことを言っておきながらなんだけれど、赤城さんのことを考えるのはやめてと言ったでしょう?」 加賀は立ち上がり抱き着いてきた その声は少し震えてている 加賀「私は、そんなに魅力的ではないのかしら?」 加賀は耳元で囁いてくる 提督「そんなことは決して無いが……」 加賀「だったら、いいじゃないですか」 加賀は俺の耳を舐めてきた 暖かい舌の感覚と吐息が敏感な耳をねっとりと刺激する 提督「あっああっ」 加賀「今は私のことだけを見て。

8
わざわざ訪ねてきてくれたことが)」 元提督「(最初は一週間に一回は訪ねてきたっけ。 」 陸奥「提督と話すのが嫌?」 提督「ああ。

【艦これSS】提督「拗ね時雨」

😎 これでいいんだ、俺なんて」ギュッ ゴトリ 元提督「俺が居なくなった方が、ずっと、恩返しができる」 元提督「ほんの僅かだけどな」 提督「……妥協したか……訂正する。 あぁ、そうだ。 いや、お前は俺さ」 元提督「お前が妥協し、妥協し、妥協することで俺になるんだから……」 元提督「同じレールの前後でしかないんだよ、どんなに状況が違かろうと、矛盾はない」 元提督「これが……必然。

3
一夫多妻制という手もありますし、何より加賀さんともずっといられるのは悪いことではないです」 加賀「そう言ってくれると助かるわ……ありがとう」 赤城「これからは二人で提督に愛してもらいましょうね?」 加賀「ええ」 赤城「ふふっ、提督、明日から大変ですよ?二人も相手をしなきゃいけないんですから」 妖精「コイツもある意味羨ましい立場だよな。 元帥は貴方が電話してくる事を知っていたようですので私が応対するようにと仰せつかっております。