麻雀 初心者 役。 麻雀 役一覧|麻雀初心者のための「雀入門」

麻雀ルールを簡単9ステップで覚えよう!

👈 麻雀に慣れるにはやり込み度が必要です。 断幺九:タンヤオ• 麻雀で使用する点棒と、流局について確認しましょう。

6
場風、自風の風牌も使用できない 平和の雀頭は少し特殊で、 場の風牌と自分の風牌を雀頭にすると平和の役が成立しないので注意しましょう。 通常タンヤオは鳴けますし、ほかの役と 複合することができる役なので点数を高くすることもできます。

麻雀 役一覧|麻雀初心者のための「雀入門」

✊ 南場で自分が 東家の場合、 『西』『北』はOK• どれだけのものか試してみたくなったんですよね。 (東一局で西家の場合、場風は東、自風は西になり、南や北を3つ揃えても役になりません。

15
初心者がアガり方を身につけるためには、 ・門前(鳴かない)でテンパイを目指してリーチする ・役牌が2個ペア(対子)になっていればポンして先に役を確定させる この2つをまずはできるようになってから、ステップアップしていくのをおすすめします。

麻雀の初心者にとっておきの練習方法

❤ 麻雀初心者におすすめ役5選 それではおすすめな役を紹介したいと思います。 消去法で、どれだけあるか予測を立てながら、自分の手牌を作らないといけません。

リーチ、ピンフと複合し 「リーチ、タンヤオ、ピンフ」の3飜となります。 そして、鳴くことはアナタの手牌を敵に見せるのです。

麻雀の初心者におすすめの役5選!簡単であがりやすい役とは?

☏ そのため、最も加点効率の良い、高い点数が満貫になります。

3
初心者では一度に覚えられないので、出現率の高く、作りやすい役を覚えておきましょう。 まとめ• ここで紹介する役を覚える重要性は• 役(やく)が無いとアガれません。

麻雀の初心者に最適なあがり方とは!作るのが簡単でおすすめの役は?

😅 チー、ポン、カンなど鳴きもありです。 麻雀で終盤の危険牌というのは2~8の数牌であることが多いので、チャンタ系の一九字牌は安全な牌となることが多いのです。

9
まとめ 初心者にとっておきの練習方法と基本戦術でした。 それは、どのような構想のもと、手牌進行をしていくのかです。

【麻雀】狙う手役と点数とは?基準を決めると手牌進行が楽になる!!

⚒ ・ピンフ(平和) ・ヤクハイ(役牌) ・喰いタン(鳴いたタンヤオ) まずピンフですが、「麻雀はピンフに始まりピンフで終わる」といわれるほど基本的で 簡単な役となります。 「自分で持ってこないとあがれないよ」って言われる場合は、他に役が無い状態です。 あがったときに赤牌を持っている分、翻数が増えます。

20
ですがヤクハイには、 場風牌と自風についてを理解しておく必要があります。

麻雀の初心者にとっておきの練習方法

♨ タンヤオは手の内に一九字牌を用いないであがることです。

3
字牌は2枚以上ないと使いにくいですし、一九牌も端っこなので順子や刻子を作りづらいんですね。 特にチンイツの場合、タメンチャン(待ちが複数あること)になることが多くて、せっかくテンパイまでこぎつけたのに、あがりを逃してしまったりフリテンになってしまうことがあります。