鷲田 清 一。 『「聴く」ことの力―臨床哲学試論』(鷲田清一)の感想(50レビュー)

コロナ禍とその後を生きぬく 哲学者・鷲田清一の人生哲学Q&A|株式会社 世界思想社教学社のプレスリリース

👏 「基礎学」(Grundwissenschaft)か「教養」(Bildung/Kultur)か?• 我々は、外化された視点から見た、声がこちらからあちらに届くとか、空気振動が鼓膜を揺らすとか、そういうイメージ以上の、対話というものがある。

10
。 、鷲田清一『生きるってなんやろか? 科学者と哲学者が語る、若者のためのクリティカル「人生」シンキング』、2011年3月。

秀先生直伝!

👊 アートにも親和性の高い一冊です。 当たり前のように「お花屋さん」「警察官」などと答えることしか教えられない子どもたち。

2015年4月 理事長・学長、4月1日より朝日新聞1面にて「折々のことば」連載開始• 京都の街の特長は、大学が追究する学術分野だけでなく、芸術、宗教などあまり実利に結び付かない文化の活動と産業や経済とが至近距離でつながっている点にあるのです。 そうすることによって、問題を解決する道が開け、さらには、自分たちの教育力が向上していくのです。

『「聴く」ことの力―臨床哲学試論』(鷲田清一)の感想(50レビュー)

👌 しかし、これは、対処療法であり、解決策ではありません。

17
右肩下がりの時代、ダウンサイジングなどが課題となるところでは、先頭で道を切り開いてゆくひとよりも、最後尾でみなの安否を確認しつつ進むような「しんがり」の存在、そして仲間の安全を確認してから最後に引き上げる「しんがり」の判断がもっとも重要となってくる。 『』筑摩書房〈〉、2005年1月。

鷲田清一のおすすめ本5選!哲学、現代思想の開拓者

😄 とすれば、この領域でリーダーシップ以上に重要なのは、よきフォロワーシップとでもいうべきものだということになる。

著者は、2015年4月から朝日新聞の朝刊に「折々のことば」を連載中の、現代哲学の第一人者である鷲田清一氏。

資料1 「哲学」の現在(鷲田清一 大阪大学総長ご発表資料):文部科学省

🤗 西洋の文明を歎賞し同時に嫌悪するのである」。

2
男性のほうからの。 それ以上でも以下でもなく。

コロナ禍とその後を生きぬく 哲学者・鷲田清一の人生哲学Q&A|株式会社 世界思想社教学社のプレスリリース

✍ 現状の日本では、まだ難しいかもしれませんが、昔はごく当たり前の風景だったのだと思います。 そこには条件もなく、排除もなく、ただ理解したい、ただ肯定するという心持ちが、現れているように思えるし、かけがえのないあなたという視点で関われるようなところもあるように思える。

17
無防備なところ、緩んだところ、それに余韻があって、そこへと他人の関心を引き寄せてしまうからだ。

鷲田清一 新刊情報 (243作品)

⚠ 『気持ちのいい話? 鷲田清一対談集』、2001年4月。

『』、1999年7月。