踏まえる 意味。 「鑑みる」と「顧みる」の違いは?意味や使い方の例文・言い換えも

「鑑みる」と「考慮する」「踏まえる」の違いとは?「顧みる」も分かりやすく解説

😚 同じように、「ご確認の程」の「程」なども「ほど」が正しい表記となります。

9
「 基(もと)づき」・・・「 そこに基礎・根拠をおいて」• この辺を参酌して、的確に選ぶ必要がある。 他と比べ合わせて考えること」です。

「鑑みる」と「考慮する」「踏まえる」の違いとは?「顧みる」も分かりやすく解説

🖖 「鑑みる」と「考慮する」の違い 顧みるの場合には、前例や規範と照らし合わせなながら考えていく、他を参考にしながら考えていく事です。 「踏まえる」には「踏みつけて押さえる」という文字通りの意味もあるのですが、そこから転じて「ある考え、事実の上に立つ」つまり「前提とする。

4
それぞれ使うシチュエーションは異なっていくので、その場の状況にマッチした言葉を上手に使い分けていって下さいね。 「鑑みる」の意味 「鑑みる」とは、 過去の例や手本などに照らして考えることを意味しています。

「踏まえて」の意味と使い方、敬語、類語、「ふまえて」との違い

😛 「検討」の方が「一つのものを深く考える」というニュアンスが強くなります。 誰かに気を使って、配慮をする場合にも、考慮といった表現が用いられます。 」 ・「反省点を踏まえて、再開させて頂きたいと思います。

8
「慮る」は「深く思いを巡らす」 「慮る(おもんばかる)」とは「深く思いを巡らすこと」を意味します。

「踏まえて」の意味と使い方!同義語や言い換え表現【例文つき】|語彙力.com

🤝 「案」は「考える。 ・「本件を踏まえた上で、今回はご辞退させて頂きます。 鑑みるの方が、踏まえるよりも細かく鑑定して分析していくので、同じ考える行為でも、鑑みるの方がみっちりと考えていく事になります。

4
「鑑みる」の意味は 「先例に照らして考えること。

「踏まえて」の意味と使い方、敬語、類語、「ふまえて」との違い

🤲 考慮するとは、様々な要素を含めながら、考えていく事を言います。 双方に利益が出るように、現状に鑑みてから取引を再開するつもりだ• 3.根拠地とする。 会議中の発言時も、直前の内容を根拠とすることをスムーズに説明ができることになります。

2.ある事を考慮に入れる。

「踏まえて」の意味と使い方、敬語、類語、「ふまえて」との違い

😔 勘案した上で•。

文章の意味によって、置き換えられる類語も違ってくるので、置き換える場合には、その「踏まえる」が持つ意味がどちらの意味を持っているのか、しっかり確認してから置き換えてみてください。

【鑑みる】と【踏まえる】の意味の違いと使い方の例文

☺ 「謙譲語」は相手の行動にたいしては使用することができませんので、 「踏まえて」は基本的に自分の行為にたいしてのみ使うことができる言葉です。

1
また「顧みる」とほぼ同じ意味を持つ言葉に「回顧する」があります。 基本的に「勘案」も「検討」も同じように使うことができますが、一般的に「検討」を使うことが多いでしょう。