Sixtones 単独 ミリオン。 SixTONES対SnowMan“報じられない”本当の勝ち負け

『SixTONES』『Snow Man』CD爆売れの“からくり”に批判続出!

😎 SMAPや嵐とはやり方がまったく違うんですよね」 ソロ活動に力を入れるキンプリと、グループ活動に集中するSnow Man。

2
発売前はセブンイレブンとコラボした動画などで『SixTONES vs Snow Man 毎日バトル』と対決ムードを煽っていたのに、いざ蓋を開けてみたらチャートは一緒。

Snow Manがミリオン目前! 驚異の売上伸ばしに「フェアじゃない」と怒るSixTONESファンも

☕ 同日デビューでSnow ManとSixTONESの対決を煽られることを不愉快に感じているファンも少なくないが、一方で、この競い合いに乗り売り上げ枚数の勝負に燃えるファンもいる。 先に言ったがこの一つでが嫌いになったわけではない。

4
そして今回、ハーフミリオンにいったのでそう言われる世界です。 やっても意味がないっていろんな人に言われるんですよね、正直。

男性ジャニーズファン/ジャニーズ(ファン)研究者の目線でSixTONESとSnow Manの“人生レベル”の楽しみ方を考え,人生に幸せを見出す.|小埜功貴(KöKiOnO)|note

😘 そんな細かいことを気にしてるのは他G担かアンチしかいないです。 として新境地を開拓してきた彼ら。 事務所も平野と永瀬廉、髙橋海人を特にプッシュしていて、残りの岸優太と神宮寺勇太は干され気味。

。 ジュリーさんはいつもそうなんですよね。

SixTONESのImitation Rain、CD売上単独ミリオン達成か!?

😒 今日の売上げまでが初動。 デビューシングルでダブルミリオンの記録も夢ではないレベルで、今年のCD売り上げトップとなることが確実視されている。

5
は? 私はではないし、無理に決まってんじゃんスと言いたいわけではない。 』とテレビや新聞で紹介されるのには、どうしても違和感があります。

SixTONES、CDデビュー決定前後の複雑な胸中が明らかに 密着ドキュメンタリー第2回を見て

🖐 Original Karaoke• だけど当たり前だけどこのはのの間で回らんし、それを見て予約してない他担が買うかといえばNOだろう。 18年にデビューしたキンプリはデビュー曲『シンデレラガール』を70万枚売り上げましたが、いまだにミリオンヒットは出していない。

3
先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ『SixTONES』という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。 いっぱい買う』『前回がおかしいだけで、単独CDが普通だもん。

SixTONESのImitation Rain、CD売上単独ミリオン達成か!?

✆ 売り上げではSixTONESが一歩リードといったところか。 SixTONES 1月28日発表のオリコン週間シングルランキングで、初週売り上げ132. 彼らは徹底してグループ活動を重んじており、ソロの仕事にはあまり力を入れていないんです。 これに昨日25日の売上がプラスされる。

6
「100%全力」と胸を張れるからこその意見だろう。

snowmanが単独ミリオンでとてもおめでたいですが、

☣ 同日デビューでSnow ManとSixTONESの対決を煽られることを不愉快に感じているファンも少なくないが、一方で、この競い合いに乗り売り上げ枚数の勝負に燃えるファンもいる。 これに、ジャニーズファンからは、 《満を持してのデビューおめでとう!》 《すごい記録だな。

3
田中樹によるユニット紹介に続いて、松村北斗がグループ名の由来について語った。

ストーンズ imitation rain

😄 他のにも入ってないし、だも行かないが、シングルだけはごだと思い、でがに使えるようになったあたりのは全買うようにしている。 Snow ManとSixTONESそれぞれは弱いけど、束になって掛かれば売り上げも倍になるだろうと考えたのでしょう。

15
初回盤• を引っぱってくれて、先頭に立ってくれてありがとう。