メトグルコ 250。 基礎的医薬品は変更調剤できる?

新人薬剤師です。メトグルコ250mgを調剤する際に、後発品のメトホルミンでは...

😛 デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。 薬を飲んでいれば大丈夫という訳ではありません。 併用禁忌: アルコール 過度の摂取 〔2. 維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日500〜1500mgとする• NDMAは、発がん性物質で重篤な健康被害に至る可能性は否定できないが、これまでに同剤を服用した患者でNDMAに関連した重篤な健康被害等の報告は受けていない。

・ 不規則な食事摂取、食事摂取量不足。

メトホルミンの一般名とジェネリック|メトグルコとグリコラン

😔 1参照〕。

いや、万が一個別指導に当たるとさすがに引っかかるのでお勧めできないですね。 1参照〕。

先発品・後発品・準先発品・どれでもない。 医薬品の区分の調べ方。

🤪 1.1参照〕[併用により乳酸アシドーシスを起こすことがあるので、併用する場合は本剤の投与を一時的に減量・中止するなど適切な処置を行うこと(腎機能が低下し、本剤の排泄が低下することが考えられている)]。

10
1参照〕[脱水により乳酸アシドーシスを起こすことがあるので、脱水症状があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと 利尿作用を有する薬剤により、体液量が減少し脱水状態になることがある ]。

基礎的医薬品は変更調剤できる?

🤞 10歳未満の小児への使用経験は限られている。

19
相対禁止• 以前に乳酸アシドーシスになったことがある。 メトホルミンの一般名の違い 本題ですが、メトグルコとグリコランでは、一般名が違います。

メトグルコ(メトホルミン) - 体重減少作用(痩せる効果)のある糖尿病の薬

🤫 なお、乳酸アシドーシスの疑いが大きい場合には、乳酸の測定結果等を待つことなく適切な処置を行うこと〔1. これらの状態では乳酸アシドーシスを起こしやすいので、次の点に注意すること〔1. 過敏症• 1.1参照〕[脱水により乳酸アシドーシスを起こすことがあるので、脱水症状があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと(利尿作用を有する薬剤により、体液量が減少し脱水状態になることがある)]。

2
ヨード造影剤〔8. 2参照〕。

メトグルコ錠250mg

😘 メトグルコは、毎食後に500mgづつ内服しても、 朝食後・夕食後に750mgづつ内服しても、 血糖降下作用は効果はそれほど変わりません。 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者。

なお、その際にも「処方せんに記載された医薬品のへの変更について」(3月5日付け保医発0305第12号)に引き続き留意すること。 (投与量が一日1500mg~2000mgを超えると、血糖の改善効果は少なくなる報告があります。

メトグルコ:高用量投与が可能なメトホルミン製剤:日経メディカル

💋 その植物の抽出物のグアニジンには 血糖降下作用があることが 1918 年に報告され、 1950 年代に、その類縁体であるビグアニド剤が開発されました。 飢餓状態• ・ 乳酸アシドーシスの症状(胃腸障害、倦怠感、筋肉痛、過呼吸等)があらわれた場合には、直ちに受診すること〔11. 中等度腎機能障害• 大日本住友製薬は「原因は明確ではないが、メトグルコのPTPアルミ箔の錠剤接触面の印刷インクに含まれるニトロセルロース系樹脂由来の物質が、錠剤中の原薬に僅かに残留していた原料であるジメチルアミンと反応してNDMAが生成された可能性がある」としている。 本剤の使用にあたっては、患者及びその家族に対し低血糖症状及びその対処方法について十分説明すること〔9. ・ 心血管系に高度障害、肺機能に高度障害 ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等 のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態にある患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい;嫌気的解糖の亢進により乳酸産生が増加する]。

13
また再開するかもしれんし」と言ってた。 ・ 高齢者では、腎機能、肝機能等が低下していることが多く、また脱水症状を起こしやすい(これらの状態では乳酸アシドーシスを起こしやすい)ので、本剤の投与開始前、投与中は定期的に、特に慎重な経過観察が必要な場合にはより頻回に腎機能や肝機能を確認するなど十分に観察しながら慎重に投与すること(本剤はほとんど代謝されず、未変化体のまま尿中に排泄され、また、肝機能の低下により乳酸の代謝能が低下する)〔16. 投与する場合には、少量より開始し、血糖値、尿糖等を定期的に検査し、薬剤の効果を確かめ、本剤を3~4ヵ月投与しても効果が不十分な場合には、速やかに他の治療法への切り替えを行うこと。

メトグルコ錠250mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

😂 なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2000mgまでとする。

(3). 本剤の投与開始時及びその後も投与中は適切に、次の内容を患者及びその家族に十分指導すること。

メトグルコ錠250mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

🤐 2年位前から糖尿病薬の『メトグルコ錠250mg』を処方されています。

11
本来であれば、糖尿病の治療薬においては先ほど「真の目的」と表現した、死亡率その他を下げる効果があるか、きちんと見極めてから発売するのが望ましいといえます。