動画 編集 パソコン おすすめ。 動画編集用ノートパソコン|必要スペック&おすすめ機種7選【2021年版】

動画編集に必要なスペックは?おすすめのパソコンも合わせて紹介

👌 スペック• 高性能グラフィックボード(ビデオカード)を搭載している まず、動画編集向けのPCを選ぶ際に重要視すべき点が、 「グラフィックボード」を搭載しているかどうかです。 価格と性能のバランスが良く、総じてコスパが良いので人気が高いのも頷けます。 YouTube用の動画編集なら、BTOパソコンメーカーから選ぶことでかなり低価格なパソコンでも対応できるようになってきています。

12
標準搭載が8GBなので、16GBに変更してからの購入がおすすめです。 そしてraytrekのなかで 動画編集用パソコンとして製造されているのが、このデスクトップです。

動画編集用ノートパソコン|必要スペック&おすすめ機種7選【2021年版】

👏 「Core i7だから安心」というわけでもないんですね。

12
ここでは 「どんな動画を作るのか」を思い描いてパソコンを選ぶようにしましょう。 耐衝撃性や静音性にも優れている• しかし、編集する環境や目的によっては重要視する必要のないものも含まれています。

【プロ直伝】動画編集用パソコンの選び方と最適おすすめデスクトップパソコン5選!2021年7月版

🐝 OS:Windows 10 Home 64bit モニタサイズ・解像度:15. なるべく予算を抑えるなら「3:SSDとHDDのいいとこ取りと言われる「SSHD」搭載のモデルを買う」でもいいと思います。

8
SSDはICチップが搭載された基盤のみで、 物理的な稼働箇所がないために高速で読み書きが可能です。

動画編集用ノートパソコン|必要スペック&おすすめ機種7選【2021年版】

😒 高性能グラフィックボード(ビデオカード)を搭載している• 高い性能を持っているノートパソコンほど処理もスムーズになるので、編集作業も簡単に行うことができます。 メモリの容量が不足すると、どれだけ高性能なパソコンでもサポートが万全に行われないため処理が詰まります。 出来るだけ高性能なCPUがグッドです。

1
キーボードにはバックライトを搭載しており、滑らかな手触りで快適に操作できる「Silky Smooth タッチパッド」を搭載しているのもポイントのひとつです。 とくに、モバイルノートとして使う場合には、選択肢としてかなりありだと思います。

動画編集用ノートパソコン|必要スペック&おすすめ機種7選【2021年版】

⚔ 写真や動画を美しく再現することができます。

1
数字の中で一番注目して欲しいのが、後ろ4桁の最初の数字です。 メモリ 動画編集の場合にはメモリは最低でも8GB以上は必要です。

【初心者必見】動画編集におすすめのノートパソコン人気10選!必要なスペックや価格帯も解説

🤞 通常のPCでも、CPUやマザーボードに映像を書き出すためのグラフィックチップ(GPU)が搭載されています。

20
動画編集 パソコン|選び方&おすすめスペック 編集用パソコンのパーツと目安のスペックについて 動画編集ソフトの要件を満たす、 最小の パーツ&スペックは、おおむね次の通りです。 低価格ながら動画編集もサクサクと行うことができます。

動画編集おすすめノートパソコン12選|デスクトップPCとの違いや選び方も解説

🙂 CPUには「インテル Core i7-8565U」を、GPUには「NVIDIA GTX1650」を採用。 動画編集向きのデスクトップPCの選び方 CPU CPUはインテルではCorei5、Corei7、Corei9あたりが動画編集でも使えるスペックです。 また、メモリを後から増設できるかどうかも重要。

5
それがGPUです。 オリジナルパーツも多用することで、 リーズナブル&ハイスペックなマシンが作れる。

【初心者必見】動画編集におすすめのノートパソコン人気10選!必要なスペックや価格帯も解説

😄 1時間 価格 23万円~ ここからは、持ち運びが少ない人向けの機種をご紹介します。

動画編集はもちろん、ゲーミングパソコンとしても選ばれています。 動画編集用PCを選ぶ際に最低限必要な知識 PCを選ぶ際はWindowsかMacか、またはデスクトップかラップトップか、という点も気になるはずです。