ご 周知 ください。 「周知」の意味と使い方!「周知する」と 「周知させる」ビジネスではどっちが正しい?

周知の意味と使い方3パターン|ビジネス・敬語表現

📲 目上の相手に使用する場合、敬語表現の「ご周知ください」が適していますが、上から目線に感じられることもあるため注意しましょう。 「いたす」は、「する」の謙譲語で、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示す表現になります。

もともと「徹底」という言葉は仏教語で、「物事の本質を知り考え理解する」という意味でした。

周知徹底の意味とは?周知徹底させるなどの使い方を例文を使って紹介

😝 例えば「拡散」という言葉も「広がり、伝えること」という意味合いがあり「周知」の類義語とも言えますが、主にSNSで使われる言葉でありビジネスシーンで用いることはありません。 「 ご周知ください」は相手に対して『 内容を周囲に広める事』を求めるもので、「 ご承知ください」は相手に『 内容の理解・了承』を求めるものです。

そのため、基本的には事前に相手を納得させるだけの説明があった後に使われます。 しかし「ご承知おきください」は「知っておいてください」といった意味です。

「ご承知おきください」は正しい?ビジネスにおける「承知」の敬語

😊 そして、 「周知」の場合の相手は不特定多数です。

両者はどのように違うのだろうか? 両者の最大の違いは、『 何を相手に求めているか』。

「ご承知おきください」は正しい?ビジネスにおける「承知」の敬語

📞 また、その関連。

4
それは「周知の事実」の対象となる情報が一般的に理解されない事実の場合は「周知の事実」と言わないようにすることです。

周知の意味と使い方3パターン|ビジネス・敬語表現

📲 「連絡」の大事なポイントは、「相手に連絡する」といった使い方をする場合、この「相手」は基本的に「関係者」となります。 多くは、業務連絡で使われる言い回しです。 「徹底」には、「命令・方針などが隅々まで行き渡ること」という意味があります。

4
これは文法的にも正しい尊敬語ですよ。 「周知する」と「周知させる」の違いは立場です。

「周知」と「連絡」の違いを解説!意味や使い分けは?

😗 「ご了承ください」の意味や使い方 「ご承知おきください」や「お含みおきください」などと同じように、ビジネスにおいて同じような意味として「ご了承ください」もよく使われます。 この「ご了知ください」の意味は、「内容や事情について、はっきりと理解すること」。 目上の人でも問題なく使え、「ご了承のほどお願い申し上げます」とするとより丁寧になります。

14
ご承知おきください」。

ご周知くださいー!!

👎。 たとえ、初対面で全く面識がない人物であっても、何らかの関係性があるということです。 日常の会話や書籍などでよく使われている言い回しです。

16
前者は「ご承知おきください」とは使わずに、理解と協力を求める文に変えた方がいいでしょう。