インスタ グラム ミュート 解除。 インスタのミュートとは?やり方や解除方法、ブロックとの違いは?

インスタグラムのフォローやフォロー解除の方法や基本マナーを解説

♥ しかし残念ながら、インスタグラムでは ミュートにしても通知が届くようになっていないので、ミュートされてもわかりません。 ストーリーアイコンを長押しするとメニューが表示されます。 しっかりとこのことも覚えておきましょう! ダイレクトメッセージは個人的なやり取りに便利! 1対1のやり取りはもちろん、仲間内だけでわいわいお喋りしたいときにも、ダイレクトメッセージはとっても便利。

7
更新頻度が多すぎたり、相互フォローなど関係が薄い相手の投稿を、タイムラインから非表示にすれば、スッキリ見やすくなります。 一方で ブロックは、インスタグラム上で相手との交流を完全に「遮断」します。

インスタのミュートの設定・解除・確認方法!相手にバレる?

👐 普通に聞くと「なんのためにあるの?」という機能に思ってしまいますが、 インスタグラムをしていると、 ・投稿内容にあまり興味がないけど、知り合いだからフォロー解除するのは気まずい ・プレゼントが欲しくてフォローしたけど、宣伝の投稿が多くてジャマだな ということがあったりするんですよね(笑) ミュート機能は、そんなときこそ役立つ機能になっています! ミュート機能の最大の特徴は、『相手の表示画面に一切影響を与えずに非表示できる』ということ。 「投稿が多すぎて煩わしい…」時は、今回紹介した手順でミュートを利用してみてください。 また、表示も日本語になっているはずです。

14
STEP2 ミュートを選ぶ 以下のような画面になるので、「ミュート」を選択しましょう。

【画像付き】インスタのミュートとは?解除方法や仕方、相手は分かるか解説!

😘 ミュートにしても相手にバレない 「ミュートして相手にバレたら気まずくなる」と不安に思うかもしれませんが心配無用です。 フォローが完了すると、「フォローする」ボタンが「メッセージ」と「人型」ボタンに変わりますのですぐにわかります。 フィード投稿をミュートする方法 フィード投稿をミュートする手順を解説します。

12
この設定はいつでも変えられるため、インスタグラムをやっていて少しでも気になることがあった場合、活用してみましょう。 また、フォローしたときに一言コメントを添えておくと、フォローされた相手からしても「この人は丁寧な人だな」という印象を持ってもらえるので、その後のコミュニケーションが円滑になります。

インスタグラムの非表示(ミュート)機能とは

🖖 また、プロフィールの「あなたが写っている写真と動画」に投稿が表示されるため、反応し忘れることはないでしょう。 この「親しい友人」という機能は、フォロワーの中から自分のプライベートなストーリーズを見られても問題ない人を選択し、その人たちだけにストーリーズを見せることが出来る機能です。 インスタグラム上で関われなくなり、関係を断つということになります。

STEP3 ミュートをオフにする 『ミュート』を選択し、『投稿』部分をオフにするだけ。 これによってミュートを解除することができます。

インスタグラムのミュート設定と解除方法|心が疲れたら、そっとミュートしよう

👎 ミュートの場合はフォロー・フォロワーはそのままなのに対して、 ブロックはフォロー・フォロワーの関係が解除されます。 逆に自分がミュートされたら 自分が相手にミュートをされる可能性もありますよね。 プロフィールからのミュート方法は下記の通りです。

19
3 アカウントを選択 ミュートを解除したいアカウントを選んで、 フォロー中へと進みます。 ミュート解除後は、相手のフィード投稿が流れてくるようになります。

【インスタグラム】ミュートで相手にバレる?設定・解除、非表示方法

🐝 フォロワーを増やしたい場合は、継続的に魅力的な写真や動画を投稿し続けることが必要になります。 フォローと同じ流れなので、難しい点はないでしょう。 再起動することにより改善しやすくなります。

7
ミュート機能さえ覚えておけば、気になったユーザーをとりあえずフォローしてしまい、結果的にフォローした方がとても多くなってしまうタイプの人でも、フォロー数を減らすことなく投稿のみ見なくすることができます。 ストーリーからミュートにする方法は、ホーム画面上部のストーリーズ一覧から、ミュートにしたい人のアイコンを長押しします。

インスタグラムの非表示(ミュート)機能とは

😉 ちなみにtestさんが許可してメッセージを読んでくれると、メッセージを送った人の画面では 既読マークがつきます。 つまり、相手もあなたも、フォロー数/フォロワー数が変わることはない、ということです。

11
ただ、リアルで実際会った時に、話を振って反応をうかがってみるという方法はあります。