西田 航。 【応募完了】第1回西田航フォトコンテスト

【応募完了】第1回西田航フォトコンテスト

📱 応募者の作品を見ると、「日本」というテーマに対して風景が多い印象を受けましたので、応募作品の中では一風変わった作品になったと思います。 「この写真はどこにピントが合っている」とか「どうやって撮っているんだろう」といった感じにです。

4
当時のメインカメラ 私の当時のメインカメラは、Nikon D500でしたので、Nikonのカメラについて配信しているプロカメラマンの動画も見ていましたが、西田航さんの動画に出会ってからは、その時点までに配信されていた動画は、一気に見てしまい、どんどんハマっていきました。 だからアルバイトは1度も怒ったことがないですね。

【応募完了】第1回西田航フォトコンテスト

🤝 料理の道に進もうと決めたのは中学生のころ。 「何としても第1回のフォトコンテストに応募するんだ」という気持ちが支えてくれました。

6
毎週の西田航フォトカレッジでも クオリティの高さは、毎週西田航さんからお題が発表されて受講生が取り組む「西田航フォトカレッジ」でも感じていましたが、さらにその中の精鋭がフォトコンテストに応募しているというクオリティの高さでした。 西田航フォトコンテストを通じて フォトコンテスト自体への興味が湧いてきましたので、以前の記事にも書きましたが、次は「長野県写真県展」に応募してみます。

【授賞式終了】第1回西田航フォトコンテスト

✌ 2021年のJPS展 2019年には西田航さんも入賞している権威のあるフォトコンテスト「JPS展」への応募を当面の目標にすることに決めました。 応募締め切りは本日20時 フォトコンテストへの応募を検討しているみなさん。 毎日、チームで料理を作る中で、常に高いクオリティを保つには、調理長やセコンドがアルバイトに料理を教え続けることが大切だと思います。

3
西田航フォトカレッジに参加していなければ、まだフォトコンテストに参加していなと思いますので、西田航フォトカレッジへの参加が、私に大きな機会を与えてくれました。

【応募完了】第1回西田航フォトコンテスト

😉 アルバイトの仕事を常に見て、褒める。 西田航さんがチャンネルを開設してしばらくの間は、メインチャンネルのみの配信でしたが、現在ではサブチャンネルも配信されていて、毎日2本の配信を欠かさず配信されています。

18
商品開発にしても、自店のお客様と同じ目線にいるパートさんやアルバイトさんに感想を聞いて意見を取り入れないと不安で出せないんですよ。 長編3000pixelという応募作品条件 当然、こういった応募条件を満たした作品作りというのも、初めての経験ですので、Googleで検索してLightroomやPhotoshopの操作方法を覚えながら作品作りをしていきました。

Vol.19 第2営業部 指導員 西田 航|先輩社員インタビュー 仕事人に聞く!|Giraud Recruit|ジローレストランシステム株式会社

🤝 例えば、サラダの塩加減が薄かったら、自分が作ったものと味を比べてもらってどっちが美味しいか聞きます。 デジタル一眼ライフを開始するにあたって 西田航さんを見習わせて頂いたところは「毎日配信」という部分でした。 初めて食べた本場の料理がすごく美味しくて、イタリアンを目指すきっかけとなりました。

彼に教わった「食材の扱い方」や「仕込みに時間を掛ける調理方法」は今でも守っているほど、基盤となった経験です。

写真家西田航さんとの出会い

❤ 「今はYouTubeにフルコミット」と本人が言われているように、集中投下してそれを継続されています。

19
感謝 自分自身初となるフォトコンテストへの応募でしたが、非常に多くのものを得ることができました。

【応募完了】第1回西田航フォトコンテスト

😗 みなさんも是非一度見てみましょう 私自身が動画で得た内容は、今後のブログ記事でことあるごとに紹介していきますが、まだ西田航さんの動画を見ていない方は、是非一度見て見ることをお勧めします。 開催して頂いた西田航さんありがとうございました。 ここは季節ごとに特別メニューを提供するフェアを開催するのですが、3年目にイタリアンがあったんです。

11
応募して分かったレベルの高さ 作品応募券を購入した人だけが見れる、応募作品の数々を目の当たりにした時に、率直に感じたのは「応募作品のクオリティの高さ」でした。