広島 県 教員 人事 異動 2020。 広島県 小学校 教諭 転任等・退任 2021/03/19

県職員1379人が異動 デジタル推進、9課を新設 /広島

📲 DX推進の二つ目として,県庁自ら,行政のDXですけれども,それを進めていくための体制であります。

また,農林水産局に比婆牛,あるいは瀬戸内の地魚など,牡蠣,レモンに続く農林水産物のブランド戦略を構築するため,担当の総括官を配置いたしまして,県内農林水産物の魅力向上と販売促進に繋げてまいります。 次の〔10〕ページでありますが,県民の皆さまお一人お一人の夢や希望の実現に向けた「挑戦」を後押しするための体制強化についてですが,本年3月に策定予定の「わたしらしい生き方応援プランひろしま」に掲げます 自分らしい充実した生き方が選択できる社会の実現を目指して,「人権男女共同参画課」を「わたしらしい生き方応援課」に改編いたします。

2020年4月24日号 広島信用金庫(4月1日付) の人事異動情報|現場直視の紙面づくりを目指す金融総合情報機関 ニッキン Web site 日本金融通信社

😉 1パーセントということでとても乖離していると,10パーセントぐらい増やしているところがあったのですが,ちゃんとやればできると思っていまして,これは何かと言うと,当然,突然管理職にいっぱい並べるということではなくて,きちっとキャリアのステップを上がっていくという観点から,ここにはありませんけれども,この管理職の前のGL〔グループリーダー〕であるとか,あるいはそのさらに下というところで人材育成を進めて,管理職に候補という〔こと〕で人材育成を進めていますので,その中で,大変ではありますけれども,〔目標値の達成は〕できると思っています。

19
例えば,押印とかが世の中で話題になっていますけれども,実は広島県の中の決裁プロセスでは既に電子化されているので,押印はもうないのです。

人事課

⚐ イ 新規採用後,同一校に4年以上勤務する者については,原則として他市町へ計画的に配置換する。

健康経営や食育を推進をする「健康づくり推進課」、高校教育機能の強化に努める「高等教育担当課」を設けた。 ライフスタイル支援は、県民が抱く不安を軽減し、それぞれが望む生き方ができるようサポートする。

広島県 教委事務局 2021/03/19

♻ ウ 同一校勤務6年未満の者も配置換の対象とするが,短期間(同一校勤務3年未満)での配置換は,原則として行わない。 それと共に「医療機能強化担当課」を新設いたしまして,県民の皆さまが,安心して質の高い医療サービスを受けることができる体制の構築に向けて,検討を加速させてまいります。

これについては,東京都を中心として,関東圏,神奈川とかは,ちょっと下がりつつあると思いますけれども,東京はまだ〔新規感染者数が〕人口10万人当たり14人台なので,いわゆるステージ3をぎりぎり下回ったくらいです。

2020年4月24日号 広島信用金庫(4月1日付) の人事異動情報|現場直視の紙面づくりを目指す金融総合情報機関 ニッキン Web site 日本金融通信社

❤ 6ページの健康危機管理課の関連なのですけれども,コロナ対策含めて,中期的に見ていくということなのですけれども,短期的に言うと,首都圏に出されている緊急事態宣言,1都3県に出されている緊急事態宣言が,解除されるという話がありますが,そうなった場合,知事としての受け止めであったり,あとこれまで,緊急事態措置等が実施されている地域との往来は最大限自粛するようにというメッセージを話されていましたが,その辺も含めて,県民へのメッセージというのはありますでしょうか。 (RCC) すみません,RCCの松原です。

2
「デジタル化推進」「ライフスタイル支援」を二本柱に組織改編を行い、九つの担当課を新設。

広島県 義務教育学校教員 小・中学校等事務職員 異動・退職等 2020/03/22

☮ (知事) もちろん新型コロナを踏まえたものですけれども,〔踏まえたもの〕というか,今回,新型コロナの担当課というのは残るわけですけれども,残ると言うか,これは今,まず足元の対応として,具体的にいろんなリソースの確保から,対策の実施からやっているわけですけれども,健康危機管理課というのは,少し中期的に見た時に,こういった,まさに新型コロナのような事案が起きた時に必要な,ベースであるとか制度であるとか,そういったようなものを一元的に管理するということです。 イ 各学校の状況や課題を踏まえて適材を適所に配置するため,広域にわたる人事異動を積極的に推進する。

13
(知事) 局長とか総括官クラス〔の人事〕というところは,大きく変わらないというか,我々〔は〕元々,CIOを総括官クラスで外部人材を配置しているということでありますので,それからDX担当の総括官,これまでもすでに配置しているということはあります。