Snowman 妄想。 SnowManを担降りする話

プリ小説2周年記念キャンペーン|プリ小説

🙃 始まる前に、俺だけに向けられた阿部ちゃんの笑顔のお陰だな。 他のメンバーみたいにできる自信はあんまりないけど、俺は阿部ちゃんを守るって決めてるから。 ゆり組にも佐久間にも、そしてたぶん照とふっかにも心配掛けちゃってたのかも。

本当の気持ちは自分が1番分かってるけど。

Snow

👊 阿「…佐久間いじわるだ」 佐「んー?佐久間も阿部ちゃんとキスできないとか嫌だから、ちゃんと言って?」 そう言ってあと数センチの距離まで近づけば 阿「…こんなにドキドキするの佐久間だけだよ」 って花丸100点満点大優勝の答えが返ってきたから 佐「俺も」 ご褒美にとびきり甘いキスをあげるね。 また店来ねえかな 憂鬱で仕方ねえバイトが、ちょっと楽しみになってるのは俺の気のせいだな。 パッと一瞬だけ阿部ちゃんと目が合う。

20
バラバラになってた皆が自分の立ち位置へ戻る。 何度か話していることだが、我が家は家族でジャニオタでそれと同時に色んな事が大好きな家族で両親の教育方針は「お金では買えない経験を」なので様々な舞台やコンサートそれ以外にも文化的なものに触れ合って生きてきた。

プリ小説2周年記念キャンペーン|プリ小説

☭ 溢れた涙を拭ってる間、心の中でそう願った。 目「また誘ってもいい?」 阿「うん」 目「よかった。 背中を向けようとするから、ちょっと強引だけど肩を寄せて向かい合うようにして横になる。

11
俺はどちらかと言うとグイグイ行っちゃえタイプだからアドバイス担当。 クマすごいし。

Snow

✊ しっかり目を合わせて照れもなくおれが期待してしまうようなこと言うんだ。 目「ね、阿部ちゃん、今日俺ん家こない?」 阿「、、、え?」 目「阿部ちゃんあんまり眠れてないみたいだからさ、ちょっと環境変えてみたらどうかなって」 阿「、、、、、、、、、」 あれ?まさかのノーリアクション…? 阿部ちゃん固まってる、、、 目「あとさ、人の温もりってなんか落ち着くじゃん。 そんなおれの様子を遠くからめめが見ていてくれたことには全く気付かなかった。

11
え、ごめんけどめめ何言ってるの??? 添い寝の意味分かってる? おれの戸惑いに気付いてないのか、めめは何でもないことのように続ける。

🤚Snowman 妄想

😝 悔しくてたまらない。 まあ不良なんかに慣れたところで良いことなんてひとつもねえけど。 阿「…なまえ、いつも通りじゃん。

18
阿「佐久間うるさい見んなばか」 みんなの視線にも耐えきれず俯くしかない。 目「あ、阿部くん目赤くなってる。

Snow

😝 サンタさんから俺に早めのクリスマスプレゼントがきたらしい。

1
それに比べて、俺は? 阿部ちゃんの誕生日動画では、「お前が大切だ」って言っても「嬉しい」って感想言われるだけだし? 直近でアップされたYoutubeの動画では、「お前の方がきれいだよ」って言っても「おぉ笑」って久しぶりのくだりだなって笑われるだけだし? え、この差はなに? 俺たち付き合ってるよね? 俺、いちお阿部ちゃんの彼氏だよね? 俺にドキドキしたりきゅんとしたりしないの? 佐「ねえ、阿部ちゃん」 阿「なに、佐久間」 佐「阿部ちゃんてさぁ、俺にドキドキするの?」 阿「…はぁ?なに急に」 ほらみろこの塩対応! 佐「だって阿部ちゃん、メンバーから可愛いとか言われたり名前呼ばれたりしただけできゅんてするとか言うんだもん」 阿「だって、そういうのきゅんてするじゃん」 佐「佐久間もそのへん結構攻めてると思うんだけど」 なんなら他のメンバーよりきゅんとするようなこと言ってると思うんだけど! てか、うーん、て考えてるその姿も可愛すぎて俺の方がきゅんてきてるんですけど! あざとい警察出動しちゃうんだからな! 阿「佐久間はねえ、なんか違うんだよな」 佐「…っ!?今なんと!?!?え、俺にはきゅんとしないの!?」 まさかのカミングアウトに佐久間さん今HPゼロ…、いやむしろマイナスだよ… そんなあからさまに落ち込む俺をみて阿部ちゃんは笑い出す。 いつもより一緒にいる空気が甘い気がして、サービスがすぎるんじゃないかな。

Best Instagram #snowmanで妄想裏 Hashtags

☎ だから、悪いけど引く気は無いよ? 目「阿部ちゃんと前にラジオで話した添い寝の話覚えてる?」 阿「え…」 目「阿部ちゃんは、どんな時に添い寝したくなりますか」 阿「添い寝………あ、毎週火曜日…」 目「ふふ、正解。 「ストローを使っている人の気持ちがわからない」 「それな、せめてマイストローを使わないとでしょ」 「プラスチックのストローを使っている人って環境問題とか無関心な人なんだろうね」 「自己中心的な考え方の人なんでしょ」 は?というのが正直な感想でした。 思ったより近くにある整っためめの顔。

12
そっと目の下に手を伸ばす。