ミャンマー 軍。 ミャンマー軍が少数民族側に空爆で報復 住民が隣国タイへ避難

ミャンマー軍

👎 国内に民族紛争を抱える事から、及びを主任務とした部隊を主力としている。 1990年代以降は、や旧(、など)、、、等からや、、などを新旧問わず大量購入し、や部隊を新設している。 一方、国営テレビは統一政府が副大統領や首相、閣僚などに任命した計26人を国軍が反逆罪で指名手配したと報じた。

2
また、停戦が継続している他の民兵組織も警戒態勢を取っており、情勢は予断を許さない。 国軍の最高意思決定機関「国家統治評議会(SAC)」が、5日付で声明を発表した。

ミャンマー軍が少数民族側に空爆で報復 住民が隣国タイへ避難

🤝 HRWは「危機への対応を話し合う政府間会議に、その危機をつくり出した総司令官を迎えるべきではない」と訴えた。

2
国営テレビは28日夜「停戦協定に署名している勢力の一部が協定に違反して軍の拠点を攻撃した」と伝え、南東部カレン州の武装勢力から27日に攻撃を受けたことを認めました。

一般行政局を再び内務省傘下に、軍関与強化

☕ 一方、クーデターに反発する市民は軍の式典に合わせて全土で一斉の抗議デモを呼びかけ、最大都市ヤンゴンや第2の都市マンダレーなど各地でデモを行いました。

18
国軍スポークスマンは21日、総司令官が現地入りして出席する方針を確認した。 また、ほかの地元メディアはヤンゴンの自宅周辺で遊んでいた13歳の少年が治安部隊に頭を撃たれて死亡したなどと伝えていて、デモに参加していない子どもの被害も相次いでいます。

ミャンマー軍が少数民族側に空爆で報復 住民が隣国タイへ避難

😃 の国々の中では、に次ぐ兵力を誇る。

18
これに対しカレン族の団体は声明を出し、ミャンマー軍による空爆を受けて住民3000人以上が隣国のタイに向けて避難を始めたと訴えています。 国連事務総長「国際社会が結束 断固たる措置を」 国連のグテーレス事務総長は27日声明を発表し、「治安部隊によって子どもや若者を含む大勢の市民が殺害されたことを最大限の言葉で非難する。

ミャンマー軍が少数民族側に空爆で報復 住民が隣国タイへ避難

😇 こうした国軍の攻勢に、民兵組織も諸事情から大同団結するに至っておらず、基本的に支配地である山岳地帯の防衛戦に徹している。 断じて受け入れられない」と軍の対応を非難しました。

13
乗員乗客122名全員が死亡。 少数民族の民兵組織は国境警備隊に編入される予定だったが、この方針に全ての民兵組織が拒否。

Pickup

🤲 GADは、クーデター前の国民民主連盟(NLD)政権が、文民がトップの連邦政府省下に移管する行政改革を行ったが、再び内務省傘下となり、名実ともに軍の監視や支配が強まるとみられる。 現地にあるアメリカやイギリスの大使館はそれぞれ声明を出し「軍や警察がとるべき行動ではない」などと非難していますが、軍による市民への弾圧は激しさを増しています。

ミャンマー国軍は、地域単位で住民の各種手続きなどの業務を担う一般行政局(GAD)の管轄を内務省に戻すと発表した。 軍の統制や利権獲得につながっていたが、アウン・サン・スー・チー氏が率いるNLD政権が2018年12月、連邦政府省の支配下に移管する行政改革を行っていた。

ミャンマー軍トップの逮捕要請 民主派、インターポールに:時事ドットコム

👎。 2月のクーデター後、国軍は陸将のソー・トゥ氏を内相兼連邦政府相に任命。

11
【バンコク時事】ミャンマーのクーデターで権力を握った国軍に対抗し、民主派が樹立を宣言した「統一政府」は22日、ミン・アウン・フライン国軍総司令官がデモを弾圧し、多数の死者を出したとして、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に逮捕への協力を要請した。 民政移管前の軍事政権時代から、国軍から大臣が充てられる内務省が管轄。

ミャンマー 軍の式典に合わせデモ 100人以上死亡 地元メディア

🖖 ミャンマー情勢をめぐっては、シンガポールやインドネシア、マレーシアがASEANの積極的関与を求めているのに対し、タイやカンボジアは前向きではない。 そして「国際社会が結束して断固たる措置をとるよう要求する。

6
これ以後、少数民族や共産党の民兵組織は山岳地帯を根拠地として闘争を継続したが、1990年代のによる懐柔工作によって、を除いて、多くの民兵組織の支配地に国軍を進駐させている。 統一政府はICPOに書簡を送り、総司令官のジャカルタ訪問時に逮捕できるようインドネシアの警察当局との協力を求めた。

ミャンマー軍が少数民族側に空爆で報復 住民が隣国タイへ避難

🤑 この危機に対して緊急の解決策を見いだすことが重要だ」として、国際社会が結束してミャンマー軍による市民への弾圧をやめさせるよう求めています。 また、旧東西両陣営と距離を置き、1962年の軍事以降はいかなる軍事同盟も結ばなかったため、外国から大規模な軍事援助も行われておらず(わずかに米国から用として限定量の装備が供与された)、装備は限定的な量に留まった。

13
【バンコク時事】国軍がクーデターで権力を握ったミャンマー情勢の打開に向け、東南アジア諸国連合(ASEAN)が24日に開く特別首脳会議に国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官が出席の意向を示し、市民や人権団体が反発を強めている。