能登 殿 の 最期 品詞 分解。 平家物語『能登殿の最期』(2)解説・品詞分解(平教経vs源義経in壇ノ浦)

平家物語(巻十一)

⚠ 熊野別当湛増は闘鶏占いの結果、源氏方につき、伊予の河野四郎も源氏に味方します。

12
16 聞こえぬ ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形。 1 活用の種類 基本形 活用形 2、4、5 音便の種類 もとの形。

『建礼門院右京大夫集』「資盛との思ひ出」の現代語訳と重要な品詞の解説2

🙃 」と言う者もいる。 動作の主体である能登殿(教経)を敬っている さりとて(然りとて)=接続詞、そうかといって、だからといって か=疑問の係助詞 のたまひ=ハ行四段動詞「のたまふ」の連用形、尊敬語。

19
たけき者もつひ(つい)にはほろびぬ ひとへに(ひとえに)風の前のちりに同じ。

高校生の勉強法(5教科編)│【豊橋の学習塾】小中高の個別指導塾「とよはし練成塾」

😎 宗盛、清宗父子は死にきれずに泳いでいるところを捕らえられます。 」と言う人もあれば、「非情だ。

また、もし私の命がたとえ、今しばらくあるとしても、まったく今は、心を昔の自分とは思うまいと、決めて覚悟しているのであります。 能登殿は、早業(はやわざ) や劣ら れ たり けん、 やがて続いて も飛び たまは ず。

中学校国語 古文/平家物語

💕 そして、与一が選ばれる。 「鎧直垂」は、大将格の武士が鎧の下に着る衣服。

8
れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。 11 文 名詞。

平家物語(巻十一)

🤛 平家の方(かた)には音もせず、源氏の方にはまたえびらをたたいてどよめきけり。 一丈は約三メ-トル。 夕日のかかやいたるに、みな紅(ぐれなゐ、クレナイ)の扇の日出(い)だしたるが、白波の上に漂ひ(タダヨイ)、浮きぬ沈みぬ揺られければ、沖には平家、船端(ふなばた)をたたいて感じたり、陸には源氏、箙(えびら)をたたいてどよめきけり。

2
お引き返しなされ。 意味は「お話申し上げて親しくなる」。

『建礼門院右京大夫集』「資盛との思ひ出」の現代語訳と重要な品詞の解説2

😋 「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。 与一目をふさいで、 「南無八幡大菩薩(なむはちまんだいぼさつ)、我が国の神明(しんめい)、日光(につくわう、ニッコウ)の権現(ごんげん)、宇都宮(うつのみや)、那須(なす)の湯泉大明神(ゆぜんだいみやう(ミョウ)じん、)、願はくは、あの扇の真ん中射させてたばせたまへ。 23 なりぬべき ラ行四段動詞「なる」の連用形+確述(強意)の助動詞「ぬ」の終止形+推量の助動詞「べし」の連体形。

15
ただ、春の夜の夢のように、はかない。 「む(ん)」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。