農水省 youtube。 スマート農業に関する最新情報を動画を交えて一斉公開!:農林水産省

スマート農業に関する最新情報を動画を交えて一斉公開!:農林水産省

😁 ただこの一件で調子に乗ってなんかやらかすんじゃないかとも言われています。 YouTubeで配信していることを伝えていない友人からも、「動画を見たよ」という連絡をもらうこともあって、反響の大きさに驚いてます。 九州農政局内では、応援ムードを強く感じているので、おかげで気持ちよく取り組めています。

14
野田 会計課です。 この投稿を見た方は、「ハジケリストのいる農水省…ヤバ」「潜伏ハジケリストほんま笑う」「農林水産省好きになった」とツッコミが追い付かない様子。

大臣いじりも事後報告「日本初の官僚系ユーチューバー」がバズった本当の理由 「地味キャラ」の農水省で起きたこと (2ページ目)

💙 これまでの広報活動とはまったく違う取り組みです」 白石さんは入省後、半年ほど経ったときから、同省の情報発信は、(1)面白くない(2)難しい(3)顔を出さない…という3つの特徴に対して疑問を感じ、問題意識を持っていたという。 この動画は、新型コロナウイルスが流行して生活への影響が出始めた2020年3月に、消費者に対して花の需要喚起を行ったものです。

20
堅くて真面目だと思っていた農水省職員が、こんなにも面白いんだということが目に見えてわかり、安心感を抱きました。 父は再生回数を増やすために一日中リピート再生していることもありました。

ネット爆笑 農林水産省「ぬぬぬぬぬぬ」ツイートの裏側を明かす

💔 動画には同省の若手職員・白石さんと、ツイッター担当のサノさんが出演。

9
終始笑いがとまらない様子の白石さんに対して、サノさんは真面目な様子で「言ったかもしれない」と小さく何度かうなずいた。 そうした生産者さんたちのお手伝いを、BUZZ MAFFでしていければいいなと考えています。

タモリ倶楽部 BUZZ MAFF激ユル! 農水省YouTuberの真実

⚠ たった140文字の投稿ですが、役立つ情報が多数投稿されている農林水産省のTwitterアカウント、きちんとした内容を伝えるために厳しいチェックが入っているんですね。

14
編集の間の取り方とか、ギャグの入れ方がヒカキンさんぽいですよね。

ネット爆笑 農林水産省「ぬぬぬぬぬぬ」ツイートの裏側を明かす

🔥 どちらも休日には1日中YouTubeを見ている日もあります。

4
そういった反応に触れると、自分の発信している内容が役に立っているのかなと、やりがいと手応えを感じられます。 農林水産省公式YouTubeチャンネル「BUZZ MAFF ばずまふ」より引用 なお農林水産省のTwitterアカウントの投稿は、ファクトチェックや著作権のチェック、そしてもちろん内容のチェックとかなり厳しい確認を複数受け、最終的に広報室長に許可を得たうえで初めて投稿される流れだそう。

タモリ倶楽部 BUZZ MAFF激ユル! 農水省YouTuberの真実

⚔ 主に職員の給与の管理をしています。

11
でも普通はツイートにしようとは思わないですよ」と白石氏。

農水省のイメージを変えた「日本初の官僚ユーチューバー」 シュールな動画が「霞が関」を改革?!(おとなの週末)

👀 (注)実証成果の詳細等につきましては、各コンソーシアムの「お問い合せ先」までご連絡ください。 「どうしても意味が分からない」という声もある一方で、「農林水産省にハジケリストがいるのか! しかし、ポジティブな意見だけではない。

8
久々にところてん食べます」と、ところてんの消費にもしっかり繋がったよう。 。

ネット爆笑 農林水産省「ぬぬぬぬぬぬ」ツイートの裏側を明かす

⚒ 「こんな官僚たちなら将来安心だ」「日本の官僚も捨てたもんじゃない」「官僚を応援したい」など好印象のコメントが続々寄せられているというのだ。 大島:私自身は、入省前の内定が決まっていた時期に、初めてBUZZ MAFFを見たんです。 日本の農業のために役に立つ人になりたいと思っていました。

熊本県が日本一の産地である「い草」の現場ルポなど体当たりの作風が特徴で、これまで13本の動画を発表、いずれも数万回から数十万回の再生を数えるヒットとなっている。 例えば、「新聞を読む時に、必ず農業の話題を読むようになりました」とか「息子に農家になってほしいです」、「この春から就農する予定です」というコメントも。

人気爆発! 国家公務員ユーチューバー『タガヤセキュウシュウ』の秘密とは

💕 普段は国産の農産物や農業に関する投稿を行う農林水産省のTwitterアカウントですが、この謎の投稿にTwitterは騒然、投稿には5. 「ぬ」と「ね」は『ボボボーボ・ボーボボ』のキャラクター「ところ天の助」の好きなものと嫌いなものなのだ。

13
松岡さんは東京の農林水産省本省に勤務、大学時代から地域活性化を目的としたPR動画や映画を製作、カメラマンとして機材や撮影手法を勉強していたセミプロで、自費で映画を企画・制作し、上映会を開いた経験もあるという。