カスレ レシピ。 南フランスの郷土料理「カスレ」を食べるならここだ! 東京・麻布十番『ビストロ コティディアン』

カルカソンヌ・カスレ美味しい名物料理への招待状

🤟 1970年、大阪万国博覧会で来日して以来、半世紀の長きにわたり、本物のフランス料理を日本に伝えてきた味の伝道師だ。 豆は主に「白いんげん豆」を使い、好きな肉類(牛肉・豚肉・羊や鴨・ソーセージなど)を入れてグツグツ煮込めばカスレです。 3つの料理を合わせるとなると大変そう、と先入観が先だってしまいますが、一つひとつの行程はシンプルです。

15
・ハーブ類の分量はお好みでOKですが、今回わたしが使った分量を参考までに記載しますね。 。

【東京でフランス郷土料理を】滋味深い、本場のカスレ。|特集|Gourmet|bftgu.solarbotics.net(フィガロジャポン)

⚔パン、又はバターライスなどとも相性の良い一品です 日本のレストランでカスレを味わう 日本に住んでいても、カスレが味わえます。 秘伝のレシピも惜しみなく披露された永久保存版。 豚肉を一口大に切り塩胡椒をし、フライパンにオリーブオイルを入れ、焼く• 知らない人にも人気で、特に男性ウケはこの本の中でもトップクラス。

4
でも、自分で作ろうと思うと、どのレシピを見ても、やる気がうせるほど面倒。 塩 小さじ1• フランスは特にそのような料理が多く、同じ料理名でも、その土地で豊富に獲れるものが入るので全く別の料理になったりもします。

“ワイルド”肉料理|フランス名物煮込「カスレ」|豆と肉で簡単絶品

😜 私が子どもの頃は、母親が仕込んでおいたカスレをパンを買うついでにパン屋に持参し、パンを焼いた後の竃(かまど)の余熱で焼いてもらっていました。

ソーセージも一緒に入れて焼く• 他にもカルカッソンヌ、カステルノーダリのカスレなどがあり、現地ではどれが本家かという論争が続いているのだそうです。 【3】豆と水4~5カップ、野菜を中火で煮立て、ペーパータオルで落としぶたをして鍋ぶたをずらしてのせ、弱火で15分ゆでる。

白いんげん豆のカスレ

😆 実はわたし、 カスレという料理を最近知りました。

7
レストラン・パッション(代官山) カスレはコースのメイン料理として供されるほか、アラカルトでも注文できる。 同店のメニューにはないが、パッションシェフが今年上梓した『フランス郷土料理』ではオクシタニー地方を含む広い地域にわたってのスペシャリテとして紹介されている。

【東京でフランス郷土料理を】滋味深い、本場のカスレ。|特集|Gourmet|bftgu.solarbotics.net(フィガロジャポン)

🤐 トマトペースト、メープルシロップ、水、タイム、ローリエ、塩を加え、ふたをして1時間ほど弱火で煮る。 ウインナー(半分に切る) 8本• 全体的に色が変わったら、玉ねぎと人参を加え、炒める。

6
それまで22あった地域を13に編み直した。

フランスの家庭料理・カスレとは?プチ解説+おいしいレシピをご紹介

📲 パセリは刻んでおきます。 また、「アリゴ」もオクシタニーのオーブラック地方ならではの味。 4、3に2を加える。

1
塩、コショウ…各適量• 家族の集まる日曜日にふるまう料理だったんです」 そう懐かしげに語るパッションシェフ。