ホワイト ベース プラモデル。 大人向け。ガンダムの母艦「ホワイトベース」が精密造形&発光ギミックで立体化!

旧キット 1/1200 ホワイトベース

😒 パーツに赤いシールを貼ります。 どの番手のサフだとどの程度のキズが消えるのか、左の写真のようにプラ板の右半分を400~1000番のペーパーで磨いてから各種サーフェイサーを吹き付け、どの程度のキズまで消すことが出来るか試してみました。 通常のラッカー系塗料の食いつき悪いというわけでも無いですけど、サフなしで塗装すると塗料が剥がれるケースが何度かあったんですよね。

7
説明書による色の指定、青=インディブルー、赤=レッド、そして「色がかいていないところはパッケージの絵や写真の色を参考にしてください。

旧キット 1/1200 ホワイトベース

😀 次のページでは、ホワイトベース本体部の組み立てを全掲載・解説します。 ニッパーですが、パーツが大きくランナーが太いので、普通のニッパーも用意しておきます。 艶ありブラックは、1200番までのペーパーキズは消え切れてませんが、1500番はほぼ処理出来てます。

2
オデッサ作戦に参戦後ジャブローへ。

食玩「FW GUNDAM CONVERGE」最大、超ド級のサイズ感!連邦軍の新型戦艦ホワイトベースがついに出航!

📞 塗ってる途中で、とったはずのバリが完全でなかったことに気づいたので、これから取りにかかります。

設定どおりに正面カタパルトが展開。 これを胴体に取り付けると… こんな感じになります。

1/1200ホワイトベースを作るよ

☝ 船体側面には、連邦マークとマーキングがモールディングされています。 あと、白い箱に3体のガンダムコレクション ガンダム、ガンキャノン、ガンタンク が入っています。

11
箱が大きいです。 c.塗料の食いつきを良くする 効果をハッキリ実感出来るというわけではないですが、サーフェイサーは通常の塗料よりプラスチックへの食いつきが良い気がします。

1/1200ホワイトベースを作るよ

☘ 武装はマゼラン級戦艦と比較すると多くはなく、両サイドのメガ粒子砲、艦首の二連装砲 実体弾発射砲 と艦首や艦尾のミサイル、対空機銃くらい。 下の写真は上からサフの目の粗い順に、クレオス「溶きパテ500」、タミヤ「スーパーサーフェイサー」、クレオスMr. パーツ一覧。 あ~結局MSは断念しました。

特にマスキングテープを上から貼ったりすると、テープを剥がすときに一緒にシルバーも剥がれてしまう可能性が高いですから注意しておきましょう。 ずらりと砲門が並ぶ姿は迫力です。

ドールと1/400 ホワイトベース (組立編1)

😇 写真にはないですが、1200番だと完全に消えてます。

11
個人的にサーフェイサーを吹くのは、主にカーモデルのボディやバイクモデルのカウルなど、研ぎ出しして鏡面に仕上げるパーツです。 組み立てよりも、スミ入れが大変です。

プラモデルに塗装するサーフェイサー「5つ」の効果

👏 開封します。 【 もくじ 】• 組み立てよりも、スミ入れが大変です。

2
今回撮影で使用したアイテムは、「FW GUNDAM CONVERGE:CORE V作戦セット」(現在は予約終了)仕様のRXシリーズ3機。 また、天面は差し替えで主砲の展開状態へ移行できます。