テドロス クズ。 「中国を認めて何が悪い!」批判呼ぶテドロス事務局長の中国擁護 長年にわたるWHOと中国の蜜月 (1/3ページ)

WHO議長「私は中国の味方ではない!」海外「そうだね…犬だよ。」[海外の反応]

😅 フランスのRFI(Radio France Internationale )の報道によると、2017年8月に北京でWHOテドロス事務局長が演説をしました。 日本同様に、テドロス事務局長の対応については賛否がわかれているようです。

1
この事態を受けて、中国政府は、湖北省健康委員会の党書記や委員長などを「解任」しています。 その他にも、何十年もの間に、オロモ(Oromo)民族の土地を強奪し、「民族浄化」という名の民族大虐殺まで行いました。

WHOテドロス事務局長が再選に意欲 各国から「ふざけるな!」 (2021年5月6日)

😍 海外のパネリスト なぜ中国肺炎に関して「パンデミック認定」が遅れたのか…誰に配慮したのか…しっかり説明してください。 署名サイト「」では、1月31日の署名開始以降、13日までに 37万人以上の署名が集まっています。

1
WHOは政治的に中立であるべきだが中国に忖度している• 7日の読売新聞によると、署名サイト「Change.org」にテドロスWHO事務局長の辞任を求める内容が掲載され、7日午後3時現在、署名者は32万人を超えている。

WHOがやっとした「パンデミック宣言」に「中国からOKが出たんだろ」の声 なぜ宣言が遅れたのか?(飯塚真紀子)

😅 当時の記事を読む• net ただのインフルエンザだった。 WHOは、韓国や中国は新型コロナのコントロールが可能であることを証明したが、キャパシティーやリソース、解決策不足のため、コントロールに苦労している国々があると指摘、強い対応が講じられないと、健康福祉システムが脆弱なアフリカの国々に拡散し、感染者数や死者数が爆発的に増加すると懸念している。

2
テドロス氏は客観的な調査や評価を全く行う事もなく、中国政府から報告されている死亡者、感染者数を鵜呑みにしている という理由から辞任を要求する署名を募っています。

WHOがやっとした「パンデミック宣言」に「中国からOKが出たんだろ」の声 なぜ宣言が遅れたのか?(飯塚真紀子)

🤲 また「中国が今回の疾病に対する強力な対策を遂行した。

16
テドロス氏は、エボラ出血熱からの危機的状況は、重大な安全保障問題であり、その解決に向けて地域住民が主体的に参加できる体制を強化すべきと主張し、また国際保健規制の完全な実施を含むWHOガイドラインの遵守を各国に促しました。 テドロス氏は、一部の加盟国からWHOが批判されていると指摘。

WHOがやっとした「パンデミック宣言」に「中国からOKが出たんだろ」の声 なぜ宣言が遅れたのか?(飯塚真紀子)

😘 この組織の歴史を遡ると 1975年2月28日、ティグレイ人民解放戦線(TPLF)を結成、最初は国民党をクーデターによって倒した中国共産党のようなゲリラ軍として活動していました。 その後、経済政策の失敗で大飢饉が発生し、政権を打倒しようとする有志の国民らを弾圧。

3
どの部分かは明確にしなかった。

WHOテドロス事務局長・本当に無能なの?学歴・経歴と新型コロナについての表明まとめ

✌ 2019年12月に中国・武漢発で世界的大流行となった新型コロナ対策の陣頭指揮を執ってきたが、振り返れば後手後手の連続だった。 7em 1em;color: fff;line-height:1. 他の加盟国も新型コロナのパンデミック(世界的大流行)に関して再調査を要請。 当初WHOも新型コロナウイルスの危険性を低く見積もり緊急事態宣言を見送るなどしていました。

10
エチオピア人民革命民主戦線の党則に「マルクル原理主義」を信奉することが明記されており、明らかに極左政党なわけです。

WHOテドロス事務局長が再選に意欲 各国から「ふざけるな!」 (2021年5月6日)

🍀 まるでどこかの国と瓜二つだと思いませんか? そう、中国共産党による中華人民共和国の黒歴史とそっくりです。

6
オーストラリアは、WHOが権限を拡大し、健康危機にもっと素早く対応できるようにするよう促している。

テドロスWHO事務局長の黒歴史ならぬ「真っ赤歴史」を暴露する

☯ 中国武漢で始まった新型コロナウイルス感染症は現在28カ国に広がっている。 。

20
国際保健規則については、「より目的にかなうため」に規則の一部を強化する必要があると指摘。 2017年にWHO事務局長に当選した当時、中国の支持を受けたという。

WHOテドロス事務局長・本当に無能なの?学歴・経歴と新型コロナについての表明まとめ

🌭 海外のパネリスト 彼はWHO事務局長として初めての「医師ではない」人物。 WHOが同月30日に、感染拡大を受けて「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言したときは、「WHOは(新型肺炎の)発生を制御する中国の能力を確信している」と習氏をたたえた。

11
「今われわれが直面している最大の脅威は新型ウイルス自体ではなく、世界的な団結や指導力が欠けていることだ」と強調した。