分子 を 作ら ない 物質。 【中2理科】原子と分子の性質とポイント

分子をつくらない化合物の意味がよくわからないんです。化合物はすべて分子ではな...

👍 よく分かりませんが・・。 原子は、化学変化によって、それ以上分けられない。 お願いします。

9
たとえばリンやイオウの単体についても分子になるものでも分子式で書くとは限りません。 (2)【 】内の物質を,「分子をつくるもの」と「分子を作らないもの」に分けましょう。

分子を作る物質と分子を作らない物質の違いを教えてください。

😛 そのため、金属などは結びつきが強く、融点・沸点が高くなります。 これらの物質と分子をつくる物質との違いは、「ここまでがひとつの単位 分子 」という区切りがないことです。

16
原子の組み合わせで性質の違う分子ができる! すべての物質は原子からできています。 分子の表記も学んでいきましょう。

分子を作らない物質

🤔 単体…1種類の原子からできている物質• 硫黄 S• というよりも、物質の存在する空間が宇宙なのです。

19
一番よく分からないと思うのが、塩化ナトリウムというもの自体が分子なのに、分子をつくるのはどれかという質問が意味わかりません。 例えば、 気体の酸素は酸素の原子が1つだけで存在しているわけではなく、酸素が2つくっついて存在しています。

単体と化合物の違い・分子を作るものと作らないもの

😝 ですが、分子をつくらない物質は全部の原子が同じ力で結合しています。

9
水だけでなく、分子を原子まで分解してしまうと、もう物の性質はなくなってしまいます。

分子を作らない物質について!!

😜 また複数の原子が集まっているものは割合に合わせて原子を代表させます。 原子何個かが離れるにはなれない結合を作るのではなく、すべての原子でやや弱く結合しているのです。

8
どちらもイオンになった時には性質が変わる」という考えに行き着いたのですがいかがでしょうか?問題がありましたらご指摘ください。

分子を作る物質と分子を作らない物質の違いを教えてください。

🖖 こうした規則性をもとにつくった表です。 つまり、原子までわけてしまうと水の性質は消えてしまうのです。 原子は集まって構造体を作ります。

8
炭素の単体にしても、グラファイトやダイヤモンドは高分子ですので、分子を作らないとは言えません。

分子を作る物質と分子を作らない物質の違いを教えてください。

📞 ナトリウム Na• 参考になるページ等もお願いします。

11
実に不思議なことです。 このように、すべての物質は原子からできています。